planetarian ~ちいさなほしのゆめ~

planetarian ~ちいさなほしのゆめ~
あらすじ
世界大戦後の降りやまない雨の世界。細菌兵器の影響で、人々に見捨てられた最も危険な街【封印都市】。その、デパートのプラネタリウムに、ロボットの少女がいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。彼女はプラネタリウムの解説員で、1年間にたった7日間しか稼働することができない壊れかけのロボットだった。そこで彼女は、30年間いつか誰かが訪れることを信じて、1人誰もいないこの世界で待ち続けた。そして、30年目の目覚めたその日に、彼女の前に1人の男が現れた。「おめでとうございますっ!あなたはちょうど、250万人目のお客様です!」突如現れたロボットに警戒する男・“屑屋”。貴重物資を回収することを生業とする彼は、【封印都市】に潜入中、都市を徘徊する戦闘機械(メンシェン・イェーガー)の襲撃にあい、このプラネタリウムに迷い込んだのだった。「プラネタリウムはいかがでしょう。 どんな時も決して消えることのない、美しい無窮のきらめき……。満天の星々がみなさまをお待ちしています」星すら見えなくなった滅びゆくこの世界で、彼はそこで何を見るのか。1年で7日間しか稼働できないロボットの少女が、目覚めたまさにその日に訪れた偶然。そこで起こった奇跡とは――。
エピソード
  • ロボットの花束
    第1話 ロボットの花束
    世界大戦の影響で、人々から見捨てられた街【封印都市】。そこに、まだ見ぬお宝を発見するため単独で潜入している男“屑屋”。探索中、都市を徘徊する戦闘機械に追われ、廃墟と化したデパートのプラネタリウムに迷い込んだ。そこには、少女の形をしたロボットがいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。突然現れたロボットに警戒する屑屋だが、ゆめみは彼に、すでにこの世界では見ることができなくなった「星空」を見せると言い……。
  • 投影機修理
    第2話 投影機修理
    プラネタリウムに残って、投影機【イエナさん】の修理をすることになった屑屋。ゆめみも一緒に手伝うが、長い間稼働していなかったため作業は難航する。ゆめみの話を聞くと、彼女は1年間に7日間しか稼働していない状況で、目覚めたその日に、この場所に訪れた偶然に屑屋は驚く。修理を続ける内屑屋が徐々にゆめみに心を許していく最中、彼女はある願いを告げようとする。
  • ゆめみの投影
    第3話 ゆめみの投影
    いよいよ、ゆめみの投影が始まる。ゆめみと【イエナさん】が見せる星の世界に、屑屋はただ、息を漏らす。彼女が語る星座にまつわるエピソード、星の神話など様々な話に見惚れていく。そしていよいよ記念投影に移ろうとした瞬間、トラブルが起きプラネタリウム内全ての電源が落ちてしまう。投影ができなくなったことで落ち込むゆめみに、屑屋は一つの提案を持ちかけるのだが……!?
  • 酒に酔う
    第4話 酒に酔う
    プラネタリウムを去ろうとした屑屋に一緒についていくことになったゆめみ。同行しながら、花菱デパート周辺の施設を紹介していく彼女を、呆れつつもほほえましく見ている屑屋。そして、街を探索する中、屑屋は念願叶い好物の酒を手に入れることができた。久々に酒を飲みほしながら、ゆめみの今後をどうすべきか迷っている。そして封鎖壁が近づいて来た時、屑屋はある物を目にする。
  • ゆめみの願い
    第5話 ゆめみの願い
    封印都市を脱出するために、最後の障壁シオマネキへの奇襲に失敗した屑屋。ゆめみが遠くから見守る中、屑屋は反撃にもひるまずに、シオマネキを倒すべく対峙することになる。屑屋が放った第二発目の砲弾は、敵の動きを止めることに成功するが、反撃で屑屋も足を負傷してしまう。万策尽きたと思われたその時、屑屋の目の前に驚きの光景が広がる。
スタッフ
3Dディレクター: 長澤洋二
アニメーション制作: david production
キャラクターデザイン: 竹知仁美
キャラクター原案: 駒都えーじ
シリーズディレクター: 中山勝一 町谷俊輔
プロップデザイン: 内田シンヤ
メカニックデザイン: 海老川兼武
原作: Key
撮影監督: 渡辺有正
杉山祐子: #4~#5
監督: 津田尚克
竹田悠介: #1~#3
編集: 廣瀬清志
美術監督: 杉山祐子 竹田悠介
美術設定: 泉寛
脚本: ヤスカワショウゴ 津田尚克
色彩設計: 佐藤裕子
製作: planetarian project
音楽: どんまる 折戸伸治 竹下智博
音響効果: 小山恭正
音響監督: 山口貴之 津田尚克
キャスト
ほしのゆめみ: すずきけいこ
三ケ島吾郎: 櫛田泰道
倉橋里美: 佐藤利奈
屑屋: 小野大輔
館長: 滝知史