デカダンス

デカダンス
あらすじ
突如として姿を現した未知の生命体《ガドル》により、人類が滅亡の危機に陥ってから、長い年月が過ぎた。生き残った人々は《ガドル》の脅威から身を護るため、全高3,000Mの巨大な移動要塞《デカダンス》を建造し、日々を暮らしていた。 《デカダンス》に住まうのは、日夜《ガドル》と戦う戦士たち《ギア》と、戦う力を持たない《タンカー》たち。ガドルと戦う戦士《ギア》に憧れ、自らも《ギア》になることを夢見る《タンカー》の少女・ナツメは、ある日、無愛想なデカダンスの装甲修理人・カブラギと出会う。 夢を諦めない前向きな少女と夢を諦めたリアリストの男。一見正反対のように見える二人の出会いは、やがてこの世界の未来を大きく揺るがすことになる。
エピソード
  • ignition
    第1話 ignition
    遥か未来、未知の生物《ガドル》の侵攻によって絶滅寸前へと追いやられた人類は、移動要塞《デカダンス》内部で暮らしつつ、必死の抵抗を続けていた。幼い頃から戦士に憧れて育った少女・ナツメは、現実主義者で無気力な装甲修理人・カブラギの元へと配属され、清掃に追われる日々を送る。そんなある日、作業中に《ガドル》との戦闘に巻き込まれてしまったナツメが見た光景は、次々と《ガドル》を倒していくカブラギの姿だった。
  • sprocket
    第2話 sprocket
    凄まじい力で《ガドル》たちを倒すカブラギと、生まれて初めて体験する戦場に放心状態のナツメ。その一方で、ナツメたち人類には隠された世界の正体が明らかになり……。
  • steering
    第3話 steering
    カブラギの指導により、《ガドル》との戦い方を学んでいくナツメ。かつて一流の戦士だったカブラギの厳しい特訓にもめげず、ナツメは短期間で飛躍的な成長を遂げていく。
  • transmission
    第4話 transmission
    逃げ出したパイプを追って戦場へと飛び込んだナツメは、初めて《ガドル》と戦うことに。最初こそパニックに陥るナツメだったが、すぐにカブラギの教えを思い出し……。
  • differential gear
    第5話 differential gear
    必敗の戦いが幕を上げる。“かの力”の戦士らとともに出撃するナツメだが、チート級の《ガドル》の前に手も足も出ない。そんな絶体絶命のピンチを、カブラギが救う。
  • radiator
    第6話 radiator
    《ゲーム警察》に捕まったカブラギは、バグ認定されたサイボーグが収容されるバグ矯正施設へと送られる。そこで再会したのはバランサー時代の僚友、ドナテロとターキーだった。
  • driveshaft
    第7話 driveshaft
    ナツメに会うためにデカダンスへとログインするカブラギ。しかしそこは激しい戦場となり、ついにタンカーたちの居住区まで《ガドル》の侵入を許してしまう。
  • turbine
    第8話 turbine
    ドナテロたちの協力を取り付けたカブラギは、《ガドル》工場破壊のために再びデカダンスへとログインする。しかし警戒を強める《ゲーム警察》が立ちふさがって……。
  • turbocharger
    第9話 turbocharger
    シールドを突破し、《ガドル》工場への潜入に成功したカブラギとナツメ。ところがターキーの裏切りにより、そこには《ゲーム警察》のフギンとムニンが待ち構えていた。
  • brake system
    第10話 brake system
    すべての《ガドル》が死んでいくなか、デカダンスの正体を知ったナツメは大きなショックを受ける。カブラギはさらに《システム》自体のシャットダウンを試みるが……。
  • engine
    第11話 engine
    《ゲーム警察》に襲われ、間一髪のところでカブラギに救われたナツメ。しかし新たに出現した《ガドル》とデカダンスの激しい戦闘が始まり、再び総力戦へと突入することに。
  • decadence
    第12話 decadence
    デカダンスと超巨大《ガドル》との最終決戦が始まった。火力不足で劣勢に追い込まれるデカダンスの前に現れたのは、ドナテロらゲームプレイヤーたちだった。
スタッフ
3DCGIディレクター: 高橋将人
アニメーション制作: NUT
ガドルデザイン: 松浦聖
キャラクターコンセプトデザイン: pomodorosa
キャラクターデザイン・総作画監督: 栗田新一
サイボーグデザイン: 押山清高
サブキャラクターデザイン: 緒方歩惟 谷口宏美
デカダンスデザイン: シュウ浩嵩
バトルコンセプトデザイン: 増田哲弥
ビジュアルコンセプト: 村上泉
プロップデザイン: 秋篠Denforword日和
原作: DECA-DENCE PROJECT
撮影監督: 魚山真志
構成・脚本: 瀬古浩司
監督: 立川譲
秋篠Denforword日和: Aki Production
美術監督: 市倉敬
色彩設計: 中村千穂
製作: DECA-DENCE PROJECT
音響監督: 郷文裕貴
キャスト
カブラギ: 小西克幸
クレナイ: 喜多村英梨
サルコジ: うえだゆうじ
ジル: 村瀬迪与
ターキー: 青山穣
ドナテロ: 小山力也
ナツメ: 楠木ともり
パイプ: 喜多村英梨
フェイ: 柴田芽衣
フェンネル: 竹内栄治
フギン: 子安武人
マイキー: 坂泰斗
ミナト: 鳥海浩輔
ムニン: 三石琴乃
リンメイ: 青山吉能