コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG
あらすじ
「もうひとつの日本」を舞台にして繰りひろげられる、多彩な超人たちの饗宴――。 「神化」という架空の年代、高度成長によって発展する戦後20余年の日本が舞台である。 これまで数々のフィクションで描かれてきた、数々の超人たちが、もしすべて同時に実在していたとしたら? 2015年10月よりTOKYO MXほかにて放送された第1期の続編“THE LAST SONG”が4月より放送開始!! モザイクのように散りばめられた無数の要素が新たに語られる超人や秘匿されてきた歴史の真実と化合してスパークを放つ。「もうひとつの日本」で展開する多彩な超人たちの饗宴はいまクライマックスへと高まる!
エピソード
  • 十一月の超人達
    14話 十一月の超人達
    超人主義者の学生が起こした新宿擾乱の結果、国家は管理外の超人たちを犯罪集団として危険視するようになった。 巨大ロボットの導入で強化された国家公共保安部隊は、爾朗の抜けた超人課や来人たちを指揮下におき、治安出動への訓練を強行する。 そのとき、鷲巣雄星と名乗るアンドロイド戦士がUFOで飛来した。 彼は宇宙の知的生命体がつくる平和連合からの使者で、数々の星系を消滅させたS遊星人を捕獲するため、地球に来たという。
  • 宇宙を臨むもの
    15話 宇宙を臨むもの
    若い女性が地球に潜む宇宙人を音楽の超能力で切断し、次々と殺害していく。 彼女の名は遙アキ――かつてエンジェルスターズでアラクネと呼ばれたシンガーであった。 超人課の捜査で浮かびあがった潜伏先は、ジュダスが営む違法病院だ。 そこに居あわせた爾朗は追っ手からアキを護るため、ともに逃避行に出ることとなった。 爾朗からアキに語られたのは、天弓ナイトのヘルメットと宇宙生命体フューマーにまつわる2年前の物語であった。
  • 花咲く町に君の名を呼ぶ
    16話 花咲く町に君の名を呼ぶ
    冬期国際スポーツGP札幌大会が一ヶ月後にせまり、スキージャンプ用に身体改造手術された3人の超人「スリーバードメン」が人気を集めていた。 だが謎の黒雲から雷撃を受けた彼らの頭部から花のような怪物体が生えてきて、エキジビション出場すら危ぶまれてしまう状況となった。 近くにいたジャンパー雨戸は超人手術を拒否したことで彼らと確執があり、犯人と疑われてしまったが、黒雲の被害は一般人を巻きこんで拡大する一方だった。
  • デビラとデビロ
    17話 デビラとデビロ
    神化47年冬、北陸のトンネルで寝台急行が火災事故を起こした。 笑美は大惨事のニュースを見て、人間嫌いで知られる女妖怪デビラに会おうと地底深くへ出かける。 笑美と同格の地位をもつ妖怪一族だけに、シールド工法で地底へ到達した人間に対し、不可侵の警告を発した可能性を感じたからだ。 だがそのころ、デビラの弟デビロは人間と変わらぬ姿で新宿に姿を現した。 彼の口ずさむ詩的な言葉は、道行く人びとの心を揺り動かし始める……。
  • セイタカアワダチソウ
    18話 セイタカアワダチソウ
    平凡なサラリーマン若村一勇は、妻を亡くして幼い娘の夕子と暮らしていた。 ある朝、二人の乗るバスは護送車から脱走した超人ジャックフラッシュに襲撃される。 死にかけた一勇の全身が膨れあがり、超人ニンゲンマンに変身して事態を収拾した。 身体の激変に当惑した一勇だったが、正義の超人出現に夢中になる夕子を見て、活動の継続を決意する。 だが彼の能力発現には、大量発生した外来種セイタカアワダチソウが大きく関わっていた。
  • 推参なり鐵假面
    19話 推参なり鐵假面
    南極大陸の氷山から凍結された人体が発見され、調査のために超人課へ運びこまれた。それは300年以上も前に凍結されたものだという。 だが、これに目をつけた帝告の里見が氷柱を引き取っていった。 解凍されて復活した少女・影胡摩は、戦後間もなくからずっと総理大臣の職を続けてきた立花繁の屋敷へと通される。 かつて鐵假面剱士として悪と戦った胡摩は柴探偵事務所へと乱入し、帝告から悪の首謀者と教えこまれた人吉爾朗へ斬りかかるのだった。
  • 終わりなき戦い
    20話 終わりなき戦い
    横田の米軍基地から脱走した兵士・ジョナサン・マレル曹長の捜索依頼が、超人課へと持ちこまれた。 人工的な能力強化を施され、東南アジアで長引く戦争へと投入されて、心を深く傷つけられた超人兵士だ。 その非人道的行為を疑問視する爾朗は、来人と協力してジョナサンを故郷アメリカへ帰そうと試みる。 一方、部隊を率いるカロルコ大佐は、超人の軍事利用では同志的関係の孫竹に、アメリカの恐るべき野望を打ち明けるのであった。
  • 鋼鉄の鬼
    21話 鋼鉄の鬼
    神化49年の日本は、立花総理の尽力で中東戦争によるオイルショックから立ち直ろうとしていた。 さらなる支持率向上のため、アメリカからスーパーロボットNUTSが輸入され、超人取り締まり政策が強化される。 テスト運用を託された帝告の倫子は、パイロットとして元IQのマリをスカウトし、さらなる要員を求めて超人課を訪れた。 普通の人間が操縦する超人的存在・スーパーロボットが登場したことで、超人のイメージは決定的に変わる。
  • 巨神たちの時代
    22話 巨神たちの時代
    ジンの残した怪剣クロードのヘルメットは、超人取り締まり目的で密かに量産されていた。 NUTS操縦用となったメットを装着した爾朗は、残留思念に導かれたかのように、封じられていた過去を次々とかいま見る。 超人の求めるべき理想とは何か。そして爾朗の果たしてきた役割とは……。 東京中枢・丸の内の八束重工前で開催されたNUTSの展示会で、大事件が発生した。 超人たちは運命を切りひらくべく、それぞれの行動を開始する。
  • 怪獣と処女(おとめ)
    23話 怪獣と処女(おとめ)
    沖縄超人博覧会場で世界の超人たちを主導し、人類への貢献を約束したマスター・ウルティマが、笑美によって殺された。 その理由とは何か? さらに笑美たち妖怪は科学実験都市ウルティマ・ポリスを奪取し、怪獣たちとともに籠城する。 この過激な行動に対し、超兵戦士隊は市中に潜伏する超人たちを危険分子と断定し、徹底的な弾圧を加えていった。 超人同士の対立が激化する情勢下で、爾朗は出自に関する重大な秘密を聞かされる。
  • 君はまだ歌えるか
    24話 君はまだ歌えるか
    古来から人とともに存在してきた妖怪、魔物、悪魔たちは、科学至上主義となった人類の犠牲とされることに反発し、爾朗を盟主として決起した。 だが、爾朗の乗るアーラエクウスのエネルギー放射は留まることを知らず、輝く竜と化して敵味方の別なく炎に巻きこみ始める。 超人同士が対立するように仕向けてきた、帝都広告社の里見の真の目的とは何か?  超人の存在意義を賭けた戦いの中、最後の決着の時が、まさに迫っていた……。
スタッフ
CGI監督: 安東容太
アニメーション制作: ぽんず
キャラクターデザイン・総作画監督: 伊藤嘉之
キャラクター原案・コンセプトデザイン: いとうのいぢ 平尾リョウ 氷川へきる
シリーズ構成: 會川昇
メカニック作画監修: 大塚健
帆足圭吾: MONACA
撮影監督: 齊藤崇夫
監督補佐: 黒川智之
石濱翔: MONACA
編集: 吉武将人
美術監修: 松本弘樹
美術監督: 平間由香
美術設定: 二嶋隆文
色彩設計: 竹澤聡
製作: コンクリートレボルティオ製作委員会
音楽: 帆足圭吾 石濱翔
音響効果: 倉橋静男
音響監督: 三間雅文
キャスト
ウル: 大川透
クラウディア: 沢井美優
ジャッキー: 大橋彩香
ローズ: 深川芹亜
三純光: 立花慎之介
人吉孫竹: 三木眞一郎
人吉爾郎: 石川界人
人間衛星ヒューマンサテライトアースちゃん: 竹達彩奈
星野輝子: 上坂すみれ
東﨑倫子: 山根舞
柴来人: 鈴村健一
秋田大志: 金尾哲夫
芳村兵馬: 川島得愛
遥アキ: 明坂聡美
里見義昭: 浪川大輔
音無弓彦: 村瀬歩
風郎太: 中村繪里子
鬼野笑美: 豊崎愛生