ARP Backstage Pass

ARP Backstage Pass
あらすじ
アーティスト養成校として名高いISM(International School Of Music)横浜校。その学園の生徒たちをアーティストとしてデビューさせる試み――通称「ARP」。そこに集った4人のメンバーARPはavexからデビューし横浜を拠点に華々しく活動している。生粋のエリートでありながら音楽に対する葛藤を抱くシンジ、幼いころから共に施設で育ち、アウトロー精神で音楽とともに戦ってきたレベルクロス ダイヤ、 レイジ、4オクターブの美声と圧倒的なダンスとルックスで周囲から孤立しながらも音楽を心から愛するレオン。彼らが出会うまでと、デビューしてからこれまでの日々のあらゆる喜びも苦しみも、メンバーごとに掘り下げながら忠実に描くドキュメンタリー。
エピソード
  • The Show Must Go On
    #1 The Show Must Go On
    現在avexからデビューを飾り、横浜を中心にライブやメディアなどで活動するARダンスボーカルグループ、「ARP」。アーティスト養成校として名高いISM横浜校に通うシンジ、横浜のライブハウスを中心にWボーカルバンドを組むダイヤ、レイジ、そして自由に歌い踊ることを夢見て神戸から上京したレオン――これはまだ出会う前の彼らの始まりの話。
  • The World Is Mine
    #2 The World Is Mine
    著名な作曲家とオペラ歌手の間に生まれ、幼い頃から様々な英才教育を受けたシンジ。中学卒業後、両親の勧めでアーティスト養成校として名高いISM横浜校に入学し、入学以来首席だったが、日常にどこか物足りなさを感じてきた。ある日、一通の手紙から「マエストロの息子」ではない自分とは何かを考えることになる。
  • THE KISS
    #3 THE KISS
    横浜のライブハウスを中心に人気を博していたダイヤとレイジ。幼馴染であり幼い頃から一緒だった二人はともに「ARP」という新たなステージでの活動を開始する。しかし、慣れない環境、プロデュースに次第にバランスを崩し、精細を欠いていく。常に互いを支えあってきた二人にとって、一緒に歌うこと、ライブとは何かを改めて問うことになる。
  • Logical Dreamer
    #4 Logical Dreamer
    4オクターブの歌声と類まれなるダンス力を持つレオンは、憧れのARP へ途中加入してすぐシンジとのバトルソングに勝利するという鮮烈なデビューを飾る。愛情溢れた親元を離れて、ISMに入学することになった理由と彼の笑顔。天才の原点とは一体何か。
  • D.O.A
    #5 D.O.A
    美と音楽の化身と名乗る麗人、それがレベルクロスのレイジ。幼馴染のダイヤと共に新しいステージを求めARPに加入したが、自分達と価値観の異なるメンバーと同じ時を共有し始めたことで彼自身にも少しずつ変化が…。彼にとって、ARPメンバーはどのように映っているのだろうか。
  • Tender Blue
    #6 Tender Blue
    バトルソングのリワード(報酬)として、セルフプロデュース権を得たシンジ。同じころ、指揮者として活躍する父・叶永嗣(かのう・えいじ)が帰国する。父と音楽に対しコンプレックスを持っていたたシンジは、いまの自分を表現するため、『過去への反逆』をテーマにレベルクロスとのコラボユニットを決断する。
  • Fantasista
    #7 Fantasista
    いつも笑顔で天真爛漫という表現がぴったりなレオン。…だが、それは彼の本心なのだろうか? 心の具現者を名乗るモノが目の前に現れた時、照らし出されるレオンの本音とは? MCレオンが送るシリーズ最恐? の世にも奇妙なテレビショー!
  • rrRrride On!!
    #8 rrRrride On!!
    バトルソングで優勝が出来ていない事に葛藤するダイヤ。それを打ち払うには自分を鍛えるしかないと、ひたすらトレーニングに没頭するが今一つ上手くいかない。街中で再会したクロスボーン時代の先輩から告げられた言葉とは。
  • 威信傳心
    #9 威信傳心
    「SUPER RARE」を組むことになったシンジとレイジ。反発しあう二人はレッスンさえも別々、ユニットとしての完成度が上がらない。徐々に苛立つ二人は校内で騒動をおこしてしまい、遂にユニット中止の勧告?! ユニットのため二人が出した結論とは。
  • A'LIVE
    A'LIVE
    立場も生い立ちも考え方も異なっていた4人。ぶつかり合いながら、ライブにバトル、ユニットなど多くの経験を積んだARPメンバーが挑む3rdLIVE。彼らのインタビューを交えながら盛りだくさんのステージシーンで、まさにライブのBackstage(裏舞台)を描く集大成となる最終話!
  • Paradise
    #11 Paradise
    次のLIVEをセルフプロデュースすることになったARP。新曲の本格フォーメーションダンスに戸惑い、慣れない企画作業ではぶつかりあう日々の中、ダンスレッスンを通してパフォーマーとして成長したお互いをリスペクトしていくようになる。パフォーマンス技術以外に心の成長を得たARPが新たなステージで「Paradise」を披露する。
スタッフ
アニメーション制作: ダイナモピクチャーズ
シリーズ構成: 友永コリエ
内田明理: 株式会社ユークス
原作・プロデュース: 内田明理
キャスト
TETSU: 塩見宗真
ドラム先輩: 杉田智和
叶永嗣: 浪川大輔
叶真嗣: シンジ
叶真璃: 田中あいみ
松本晴臣: 駒田航
森一丁: 森一丁
理事長: 井上和彦
理事長の秘書: 江口拓也
甲本大哉: ダイヤ
緋田怜士: レイジ
藤原玲音: レオン