アリスと蔵六

アリスと蔵六
あらすじ
彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。 初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……。 そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。 名前は紗名(さな)。 “研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。 しかも、あらゆる想像を具現化する——「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の 持ち主でもあった。 そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。 名前は樫村蔵六。「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という 頑固じいさん。 そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。 紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、そして心優しい人々との 出会い……。 世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を抜けて、 世界の本当の姿を知ることになる。 ——そう、これは、私がまだ、自由に夢の国へ行けた頃の話。
エピソード
  • 赤の女王、逃げる
    第1話 赤の女王、逃げる
    彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。 初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……。 そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。 名前は紗名(さな)。 “研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。 しかも、あらゆる想像を具現化する——「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の 持ち主でもあった。 そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。 名前は樫村蔵六。「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という 頑固じいさん。 そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。 紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、そして心優しい人々との 出会い……。 世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を抜けて、 世界の本当の姿を知ることになる。 ——そう、これは、私がまだ、自由に夢の国へ行けた頃の話。
  • アリスの夢
    第2話 アリスの夢
    行くあてのない紗名を、ひとまず自宅に引き取ることにした蔵六。 昨日の騒ぎがどこにも報道されていないことを確認すると、彼は昔馴染みのある男に連絡を取る。 一方その頃、目を覚ました紗名の前に現れたのは、蔵六の孫娘である早苗。 彼女は仕事に出かけた蔵六に代わって、紗名の面倒を頼まれていた。 初めのうちは早苗に警戒心を抱いていた紗名だったが、次第に心を通わすように。そして彼女は、研究所での暮らしを思い返す。
  • トランプ
    第3話 トランプ
    「アリスの夢」を使って突然、姿を現わした紗名と早苗に樫村生花は大騒ぎに。 ひとまず騒動は収まったものの、「アリスの夢」を使わないという約束を破った紗名を、蔵六は厳しく叱る。 そこで仲裁に入ったのは、蔵六の昔からの顔なじみ・内藤。彼は、蔵六に対してある提案をする。 一方、紗名の行方を追い、鬼頭たちは着実に包囲網を狭めていき……。
  • 人でないモノ
    第4話 人でないモノ
    一瞬の隙を突いて、紗名がミニーCらに連れ去られてしまった。 事務所に残された蔵六は内藤に対し、紗名の正体がいったい何者なのか、厳しい口調で問い詰める。 一方その頃、ミニーCが操る巨大な「腕」によって、身動きが取れない状態に陥った紗名。 彼女に対してミニーCはこう問うのだった。 「あなたは自分を人間だと思っているんですか?」と……。 すべてが絶望的に見えたその時、紗名の強い想いが思いも寄らない展開をもたらす。
  • 帰るところ
    第5話 帰るところ
    コンテナ船に乗せられた、紗名と蔵六の救助に駆けつけたのは、内閣情報調査室に所属する一条零と山田のり子だった。 彼女らとともに脱出を目論む紗名の前に、再びミニーCが立ちはだかる。 透明かつ自在に動く「腕」で襲い掛かるミニーCに対し、山田と連携し、いくつもの能力を使い分けて対応する一条。 「アリスの夢」同士の激しい戦いが続くかたわら、紗名はある想いを蔵六に告げる。
  • 樫村家
    第6話 樫村家
    季節は流れて、すでに冬。クライス&クラークジャパンの研究所の一件もなんとか無事に終結し、蔵六の家にも平穏な日常が戻ってきた。 樫村家の一員として、すっかり馴染んだ様子の紗名。 早苗を学校に送り出した後は、蔵六とともに樫村生花に向かい、ときには仕事の手伝いに汗を流す……。 まだまだ体力的には問題を抱えているものの、紗名は“外”の世界に適応し始めていた。 そんなある日、紗名は長すぎる髪を切りに出かけるのだが……。
  • ともだち
    第7話 ともだち
    打ち合わせで出かける蔵六に連れられ、紗名は横浜まで足を延ばすことに。 お目付役の一条とともに、海を目にして感動したり、はたまたロボット工場の見学に赴いたり。 初めての遠出を思う存分、楽しむのだった。 打ち合わせを終えた蔵六と合流し、中華街へと繰り出した一同だが、その前に現れたのはなんと、研究所の事件のあと、姿を消していたあさひとよなが。 思わず逃げ出したふたりを、紗名と一条は追うのだが……。
  • 悪い魔女
    第8話 悪い魔女
    打ち合わせで出かける蔵六に連れられ、紗名は横浜まで足を延ばすことに。 お目付役の一条とともに、海を目にして感動したり、はたまたロボット工場の見学に赴いたり。 初めての遠出を思う存分、楽しむのだった。 打ち合わせを終えた蔵六と合流し、中華街へと繰り出した一同だが、その前に現れたのはなんと、研究所の事件のあと、姿を消していたあさひとよなが。 思わず逃げ出したふたりを、紗名と一条は追うのだが……。
  • チェシャ猫の笑う場所
    第9話 チェシャ猫の笑う場所
    羽鳥たちと遭遇したあと、倒れてしまった紗名。 あさひとよながに助けられた彼女は、蔵六の家に運び込まれる。 久しぶりに顔を合わせ、楽しいひと時を過ごす一同。 しかし紗名は、蔵六をひどい目にあわせた羽鳥をこらしめるため、ある作戦を立てる……。 一方の羽鳥の心境もまた、紗名との出会いをきっかけに大きく変わろうとしていた。 能力をもてあまし、「もう二度と学校に行かない」という羽鳥を心配する親友・美浦歩は、もう一度、紗名と会うため、再び原宿の街を訪れる。
  • 小さな女王
    第10話 小さな女王
    羽鳥たちと遭遇したあと、倒れてしまった紗名。 あさひとよながに助けられた彼女は、蔵六の家に運び込まれる。 久しぶりに顔を合わせ、楽しいひと時を過ごす一同。 しかし紗名は、蔵六をひどい目にあわせた羽鳥をこらしめるため、ある作戦を立てる……。 一方の羽鳥の心境もまた、紗名との出会いをきっかけに大きく変わろうとしていた。 能力をもてあまし、「もう二度と学校に行かない」という羽鳥を心配する親友・美浦歩は、もう一度、紗名と会うため、再び原宿の街を訪れる。
  • 女王と魔女
    第11話 女王と魔女
    “アリスの夢”の力の衝突により、ワンダーランドの最奥部に閉じ込められてしまった紗名と羽鳥。 どこまでも続く、現実離れした世界を歩きまわる2人だったが、出口は一向に見つかる気配がない……。 一方、紗名の窮状を知った蔵六と早苗は、一条とともにワンダーランドへと向かうことに。 初めて見る紗名が生まれた世界に、思わず目をみはる2人。 しかし探索を始めて早々に、一条とはぐれてしまう。
  • ただいま
    第12話 ただいま
    紗名と羽鳥がワンダーランドに閉じ込められてから、外の世界では10日が経とうとしていた。 昔の約束を思い出し、羽鳥がもう帰ってこないのではないかと不安を募らせる歩。 早苗とともにワンダーランドで紗名の行方を捜しながら、これまでに起きた出来事を改めて思い返す蔵六。 一方、紗名と羽鳥の2人はついにワンダーランドの外に出る糸口を見つけ出すが、膨張速度を速めたワンダーランドが外の世界に影響を及ぼしつつあり――。
スタッフ
アニメーション制作: J.C.STAFF
キャラクターデザイン: 岩倉和憲
シリーズ構成: 高山文彦
プロップデザイン: 藤井昌宏
原作: 今井哲也
後藤正浩: REAL-T
撮影監督: 大河内喜夫
月刊COMICリュウ: 徳間書店
編集: 後藤正浩
美術監督: 柳原拓巳
美術設定: 廣瀬義憲
色彩設計: 田辺香奈
製作: 「アリスと蔵六」製作委員会
音楽: TO-MAS
音楽制作: ランティス
音響監督: 岩浪美和
キャスト
"ミニーC"・タチバナ: 能登麻美子
クレオ: 内田秀
一条雫: 小清水亜美
内藤竜: 大塚芳忠
山田のり子: 広瀬ゆうき
樫村早苗: 豊崎愛生
樫村蔵六: 大塚明夫
紗名: 大和田仁美
雛霧あさひ: 藤原夏海
雛霧よなが: 鬼頭明里
鬼頭浩一: 松風雅也