信長の忍び~姉川・石山篇~

信長の忍び~姉川・石山篇~
あらすじ
信長の愛する妹・市は浅井長政に嫁いだ。その浅井・朝倉軍と織田軍の激突は避けられない。一瞬でも迷えば大事なものを失う大規模野戦『姉川の戦い』で、涙をためた千鳥が覚醒する。天下布武という途方もない戦旅!義兄弟を倒さねばならぬこともある‼本格時代劇ギャグアニメ、姉川・石山篇 突入‼
エピソード
  • 沈黙の小谷城
    第53話 沈黙の小谷城
    先の金ヶ崎の戦いで、敵対することとなった織田家と浅井家。浅井軍の兵力は五千と多くはないが、守りに適した山城の小谷城に籠っている。信長は長政を小谷城から引きずり出すために、ある策を打つ!
  • 磯野、発進!
    第54話 磯野、発進!
    浅井家の支城・横山城を攻める信長。そこへ、家康率いる徳川軍が援軍に駆け付ける。くしくも同じ頃、浅井側にも朝倉軍が合流した。そしてついに、小谷城から出陣した長政。両軍は姉川を挟んで対峙する!
  • 千鳥乱舞
    第55話 千鳥乱舞
    浅井家先鋒の磯野員昌は、次々と織田陣営を突破していく。磯野の目的はただ一つ、本陣にいる信長の首であった。そしてついに本陣に辿りついた時、待っていたのは前田利家を中心とした「馬廻り」と、千鳥であった!
  • キケンな二人
    第56話 キケンな二人
    徳川軍は朝倉軍に兵力の差で押され始めるが、豪傑・本多忠勝が朝倉軍の真柄直隆と対峙し、一騎打ちでその勢いを止める。信長は「戦の勝敗は“戦術”と“指揮”だ」と言い、戦況を見つめていた家康が、その采配を振る!
  • 武士の本分
    第57話 武士の本分
    姉川の戦い開始からおよそ一時間、西側の徳川軍が朝倉軍を打ち破り、戦局は大きく動く。朝倉軍は退却をはじめるが、本多忠勝と一騎打ちを繰り広げていた真柄直隆が、敵軍の中に取り残される。孤軍奮闘するも……
  • 特攻野郎遠藤さん
    第58話 特攻野郎遠藤さん
    徳川軍の加勢により、浅井軍は一気に劣勢に立たされる。長政は退却の指示を出すが、その中に決死の策を実行しようとする遠藤直経がいた。遠藤は織田兵の鎧をまとい、一人で織田軍2万の軍勢に乗り込む!
  • 拙者の屍を越えてゆけ
    第59話 拙者の屍を越えてゆけ
    信長本陣に一人で乗り込んだ遠藤。ついに信長を目前に捉えるも、すんでのところで阻まれ正体を見破られてしまう。遠藤は取り囲まれ刃を向けられるが、千鳥がそれを止め、遠藤に降伏するよう説得する。
  • それぞれの姉川
    第60話 それぞれの姉川
    姉川の戦いは、浅井・朝倉軍が数千の死者を出し敗走。織田・徳川軍の大勝利に終わり、浅井の支城・横山城は織田家のものとなった。横山城は浅井攻略の足がかりとなる城で、任されたのはあの人物であった!
  • 本当の覚悟
    第61話 本当の覚悟
    信長は京の将軍・足利義昭の元を訪れ、浅井家との戦に勝利したことを報告する。しかし義昭は信長に不満を募らせており、水面下で関係は悪化していた。一方、遠藤の死から立ち直った千鳥は、信長の問いに覚悟を決める!
  • ちょっと森家まで
    第62話 ちょっと森家まで
    岐阜城に戻った信長は、次の戦の準備をはじめる。西では再び三好三人衆が動き出していた。一方、千鳥と助蔵は信長のおつかいで森可成の屋敷へ。そこで突然、千鳥は可成の息子・長可に決闘を挑まれる!
  • さわらぬ仏にたたり無し
    第63話 さわらぬ仏にたたり無し
    一向宗の宗主・本願寺顕如の情報を集める信長。顕如は他大名と交渉事を行っており、その資金力から敵に回ってはやっかいだと懸念を抱いていた。信長は今の本願寺の動きを知る為、千鳥を偵察に向かわせる。
  • 光の射す方へ
    第64話 光の射す方へ
    これまで信長の様々な要求に応じてきた顕如であったが、「石山本願寺を明け渡せ」との要求には憤りを感じていた。一方、石山本願寺へ偵察に来た千鳥と助蔵。顕如のカリスマ性を目の当たりにした千鳥に異変が!?
  • 龍興は忘れた頃にやってくる
    第65話 龍興は忘れた頃にやってくる
    斎藤龍興は信長と再戦のため、三好三人衆と手を組み、さらに雑賀衆を雇って石山本願寺に近い野田・福島に砦を築く。本願寺の坊官・下間頼廉は、寺の近くに砦を築いた龍興に苦情を言いに来るが、龍興にはある作戦があった。
  • きっかけは野田・福島
    第66話 きっかけは野田・福島
    長は三好三人衆らの討伐に向かうため出陣。三好軍らが1万2千に対し、信長は摂津国に着くまでに続々と家臣や傘下の頭領たちが合流し、4万もの大軍となる。「野田・福島の戦い」の始まりである!
  • 矢より鉄砲持って来い
    第67話 矢より鉄砲持って来い
    三好軍の砦の周囲に柵と櫓を築いた織田軍は、そこから大量の鉄砲を用いて砲撃を開始する。戦を優勢に進める信長は、次に目と鼻の先にある石山本願寺へ兵を進め、改めて退去を迫るつもりでいたが……
  • 信者の行進
    第68話 信者の行進
    顕如は各地に「打倒信長」の檄文を飛ばし、それに応じた門徒たちが続々と石山本願寺に集まり始める。一方、勝利を確信した信長は、三好軍から出された和睦を拒否。その直後、本願寺挙兵の鐘が打ち鳴らされる!
  • 逆襲の将
    第69話 逆襲の将
    本願寺勢と雑賀衆の猛攻により、たちまち織田軍は不利な状況に。松永久秀の助言で、信長は和睦の交渉に出るが、顕如はこれを拒否。強気の顕如の態度に他にも手があると睨んだ信長は、京が狙われていることに気づく!?
  • 絶対死守領域
    第70話 絶対死守領域
    京を狙う浅井・朝倉軍三万に対し、宇佐山城主・森可成は、わずか一千の兵で迎え討つことに。織田家威信の為、天皇と将軍が住む京を奪われるわけにはいかない可成は、圧倒的不利にあったにも関わらず敵を追い返す!
  • 覚悟完了
    第71話 覚悟完了
    万全の体勢を整え再び侵攻を開始した浅井・朝倉軍。千鳥から退却を提言されるも可成は退かず、迎え撃つ覚悟を決める。千鳥を生かす為、信長のもとに返した可成は、わずかな手勢で大軍と激突する!
  • 受け継ぐ者たち
    第72話 受け継ぐ者たち
    次々と味方が討死し潰走していくなか、ひとり十文字槍を振るう森可成。山崎の槍を腹に受けながらも、信長が目指す天下布武を説く。一方、信長本陣に戻った千鳥は、宇佐山城から入った伝令に震撼する……!
  • 天魔の御加護
    第73話 天魔の御加護
    浅井・朝倉軍の京侵攻と森可成の敗死の報せを聞いた信長。退陣を決意し京に向かうが、顕如はすかさずこれを追撃。一方、浅井・朝倉軍は可成亡き宇佐山城に攻めかかるも、必死の抵抗に遭い足止めをくらっていた。
  • 聖域無き戦国乱世
    第74話 聖域無き戦国乱世
    信長が三万もの兵を引き連れ京へ向かっていると知り、聖域である比叡山に逃げ込む浅井・朝倉軍。追撃する信長は延暦寺の僧を呼び寄せ、味方になるなら占有している比叡山の領地を返還すると伝えるが……
  • 悪夢の志賀の陣
    第75話 悪夢の志賀の陣
    延暦寺が信長の要求を拒否し、浅井・朝倉軍の味方となる。信長は決戦を申し込むが拒否され、比叡山を包囲してからすでに一か月が経っていた。一方、顕如は身動きが取れない信長に対して各地の門徒を挙兵させる!
  • 比叡山の屈辱
    第76話 比叡山の屈辱
    和睦の為、足利義昭が仲介人となった会見の寺で、信長は朝倉義景と浅井長政の前で土下座をした。その姿に気分を良くする義景。しかし長政は追い詰められた信長を見て、和睦をして本当に良かったのか自問する。
  • 連鎖の終わり
    第77話 連鎖の終わり
    浅井・朝倉軍と織田軍の間で和睦が成立し、顕如は信長に対する追撃を止めざるをえなくなる。しかし、信長と戦う道を選んだ顕如は次の好機に備え雑賀衆を雇い戦力を蓄えはじめた。一方、信長は岐阜に帰還する。
  • 鉢巻きと再出発
    第78話 鉢巻きと再出発
    森可成の屋敷へ弔問に訪れる信長。可成の嫡男・長可は、蘭丸の諫めも聞かず父の死は信長のせいだと責め立てる。そんな我が子に平手打ちをする妻のえい。信長は人払いをし、えいに深々と頭を下げた
スタッフ
アニメーション制作: トムス・エンタテインメント
キャラクターデザイン: 山中純子
ヤングアニマル: 白泉社
撮影監督: 佐々木明美
監督: 大地丙太郎
美術監督: 湖山真奈美
色彩設計: 加藤里恵
音響監督: たなかかずや
キャスト
お市: 三森すずこ
ナレーション: 山口勝平
ねね: 釘宮理恵
まつ: 松井菜桜子
ルイス=フロイス: 前田 剛
前田利家: 森嶋秀太
助蔵: 村瀬歩
千鳥: 水瀬いのり
太田牛一: 森嶋秀太
如春尼: 佐倉綾音
山崎吉家: 天田益男
徳川家康: 置鮎龍太郎
明智光秀: 立花慎之介
服部半蔵: VALSHE
望月千代女: 種﨑敦美
朝倉義景: 岸尾だいすけ
木下秀吉: 山口勝平
本多忠勝: 小山力也
本願寺顕如: 置鮎龍太郎
松永久秀: 井上和彦
柴田勝家: 高橋伸也
森可成: 関智一
浅井長政: 内匠靖明
滝川一益: 諏訪部順一
真・斎藤龍興: うえだゆうじ
真柄直隆: 木村昴
稲葉一鉄: 森嶋秀太
竹中半兵衛: 平川大輔
細川藤孝: 高橋ひろし
織田信長: 羽多野渉
茶々: 三森すずこ
藤堂高虎: 高橋伸也
蜂須賀小六: 檜山修之
足利義昭: 高木渉
雑賀孫市: 津田健次郎