影鰐-KAGEWANI-承

影鰐-KAGEWANI-承
あらすじ
神出鬼没、攻撃不能、生きとし生けるものすべてを喰らい尽くす「超生物・影鰐」。その“兵器化計画”に巻き込まれた番場宗介は、クローン影鰐に取り憑かれ、消息を絶っていた。番場を執拗に追う猿楽製薬との決死の追走劇、影鰐殲滅を使命とする新たな部族との争い、次々と人間を襲う奇獣達ー。混迷を極める中、番場は超生物・影鰐との戦いに終止符を打つことが出来るのかー。息をつかせぬ壮絶なモンスターパニック劇メーション!
エピソード
  • 胎動
    第1話 胎動
    猿楽製薬での大規模事故と失踪した番場宗介を追うジャーナリスト・川上。ある時、事故に関わる情報を掴んだ川上は空港を訪れていた。そこで旅客機から乗客全員が消失する怪事件に遭遇。唯一生き残ったCAが語った真相とは…?
  • 追行
    Episode1~Episode3 追行
    豪雨の中、岬を走る寝台列車を海から来た何かが襲う。運転手を失い、制御不能となった列車は、崖に突き進む。番場を護送中の岩崎刑事は事故を免れるため、やむを得ず協力を求めるが…。
  • 秘儀
    Episode3 秘儀
    恋人・ユミカと山奥にある秘湯を訪れたタツヤ。しかしユミカは忽然と姿を消してしまう。旅館の従業員達は、最初からタツヤ一人だったと口をそろえるが…。秘湯に潜む呪われた儀式を目撃する…!
  • 試練
  • 衝突
    Episode5 衝突
    突然鳴り響いた謎の音に、番場は身動きを封じられてしまう。苦しむ番場、その姿をあざ笑うかのように一人の少女現れる。一方、木村は一連の騒動の背後で蠢く思惑に気がつき、回避しようとするが…!
  • 失明
    Episode4~Episode6 失明
    番場を襲った事件の真相が明らかになる。それは木村も知り得ない新たな奇獣計画の一部だった。そんな中さらなる奇獣事件が発生。猿楽研究員・秋良とその娘・莉央が襲われてしまう…!
  • 孤独
    第7話 孤独
    霧子は、猿楽の研究所より脱走したある貴重な奇獣を追っていた。その奇獣は番場宗介と同じく、人間の知性を残したまま、影鰐の能力を備えているという。ついに発見し確保したのだが…!
  • 記憶
    Episode8 記憶
    番場宗介は、猿楽製薬に囚われていた。検体として投薬を繰り返される中、謎の夢を見る。それは影鰐に関わるある記憶だった。番場は、影鰐を生み出した者、影鰐に喰われた者、そして一人生き残った者を目撃する!
  • 餌食
    Episode7~Episode9 餌食
    番場は、本間局長率いるチームの研究施設に運び込まれていた。そこで行われるのは、奇獣や番場を利用した新たな生物兵器の生成、そしてビジネス――。本間に体の自由を奪われ、兵器生成の検体に組み込まれる番場。脱出不可能の危機が迫る…!?
  • 夢魔
    Episode10 夢魔
    木村の協力により猿楽研究施設を抜け出した番場は影鰐を追う。その頃、ナギは奇獣の気配を辿り、ある廃墟の町に辿り着いた。一人の少女と一夜をともにすることになったのだが…。奇獣と母を失った記憶、二つの悪夢がナギに襲いかかる…!
  • 進化
    Episode11 進化
    番場と木村は雲南省の廃村にたどり着く。そこはかつて蟲毒の儀式が行われ、影鰐が潜む忌まわしき場所。意を決する番場の前に、鋭く突き刺さる槍、いつの間にか忍び寄る影鰐。ついに死闘の幕があける…!
  • 決戦
    第12話 決戦
    追い詰められた影鰐の力は悍ましいほど強大だった。だが番場の目は生きていた。クローンを解放し、身を奇獣化させながら、最後の闘いに挑む番場。脈々と続く負の連鎖、そして復讐、番場は影鰐と人間の因縁を断ち切ることはできるのか…!?
  • 終局
    Episode13 終局
    木村のねらいは全ての始祖である影鰐の力を手にすることだった。圧倒的な力を手に入れ、自らを選ばれし者と称する木村に対し、番場とナギは為す術もない。過ちの代償は受け継がれて行く。物語の終わりと共に――。
スタッフ
HP制作: hisoka 佐藤大我
アニメーション制作: Tomovies
タイトルバック: 中澤亜美
プロダクションマネージャー: サッラ・ケトネン
プロデューサー: 岩切謙太郎
作画: 小田春佳 川津さえこ 祭田俊作
制作進行: 明元政喜
協力: ULTRA SUPER PICTURES
原作・監督: 高嶋友也
挿入歌: 96猫
演出: 池谷古都
編集/MAスタジオ: moi
編集演出: 安喰秀一
製作: DIRECTIONS
製作総指揮: 長江努
音楽: 蓮子裕一
音響効果: D3PROJECT
キャスト
木村雅貴: 置鮎龍太郎
番場宗介: 杉田智和