イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたって
あらすじ
大学を卒業したものの、何の目標も持てないまま毎日をただ生きるだけ。そんな青年の平凡な日常が、カラスを連れた不思議な少女との出会いにより色づき始める。
エピソード
  • 社会のはみ出し者は自己変革を目指す
    scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す
    大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女ハルが現れる。ハルの破天荒な振る舞いに戸惑う陸生。更に、かつて憧れていた大学の同期生森ノ目榀子が東京に戻ってきたことを知らされる。
  • 袋小路
    scene02 袋小路
    桜の季節、赴任した高校の卒業式を控え髪を短く切った榀子。幼馴染みの高校生 早川浪が転校してくることになり、金沢での過去の記憶が蘇る。夜の公園で偶然榀子を見かけた陸生は、気まずいながらも声をかける。陸生の告白を断った榀子であったが、陸生に以前と変わらずに友達でいてほしいと言う。陸生に対して煮え切らない態度の榀子が気に入らない野中晴は榀子に会いに行く。
  • 愛とはなんぞや
    scene03 愛とはなんぞや
    陸生への想いの強さとは逆に心のどこかに逃げ場を作る晴。晴のアプローチに戸惑う陸生に対し、自ら一線を引いてしまう。映画のチケットをもらったことを口実に陸生を誘うが、いつまで待っても待ち合わせ場所に現れない陸生。陸生の身に何かあったと心配する晴であったが、その時陸生は…。
  • 川は流れて 榀子帰郷
    scene04 川は流れて 榀子帰郷
    美術大学合格を目指し美術予備校に通う浪は、周囲との技術や知識の差に焦りを感じていた。亡き兄へのコンプレックスから、いつまでも自分を子供扱いする榀子に浪は思いの丈を伝えるが、榀子の気持ちは動かない。予備校の帰りに陸生が働くコンビニに立ち寄った浪は晴と陸生の関係を知り、自分の心の葛藤を晴に話すことで思いを新たにする。
  • ミナトという男
    scene05 ミナトという男
    カメラが趣味だった陸生は福田から紹介されたギャラリーでのバイトを始め、大学生の湊航一と出会う。高校時代の同級生だった晴が想いを寄せる陸生に対し冷たく当たる湊。年下ながら経験に勝る湊の態度に苛つく陸生。そんなある日、湊が晴をバイト先から家に送る途中に、大学時代の友人達との飲み会から帰る陸生と榀子に遭遇する。
  • ユズハラという女
    scene06 ユズハラという女
    突然バイト先に現れた高校時代の彼女、柚原チカを家に泊めることになった陸生。バイト先のギャラリーの専務から写真スタジオの仕事を勧められ、自分は本当にカメラマンになりたいのかを考え始めていた。一方、陸生の優しさに甘え、都合のいいように利用しているのではないかと思い悩む榀子。同僚たちとの飲み会の帰り道にコンビニで偶然晴と出会い、陸生が風邪で寝込んでいることを知った二人は家まで見舞いに行くが、出てきたのは柚原だった…。
  • 恋人たちの予感
    scene07 恋人たちの予感
    晴との食事の場で陸生は写真スタジオでのバイトに挑戦することを打ち明ける。陸生が前向きになって行くことを喜ぶ晴。一方、将来が見えず不安を抱える浪は、焦りから榀子に辛く当たってしまう。浪との距離感を図れずにいた榀子は陸生に相談するが、思いがけない陸生の言葉に励まされ改めて浪と向き合おうとするのだった。
  • イノセント・ブルー
    scene08 イノセント・ブルー
    陸生への気持ちの変化を意識していたが、一歩踏み込めないでいる榀子。同僚の杜田に悩みを打ち明け、背中を押される。榀子と進展し始めたにも関わらず、心から喜べない陸生は写真スタジオの仕事に没頭していた。二人の関係を知らない晴は、多忙な陸生に何とか会いに行こうとする。そして陸生は写真スタジオの正社員に昇格、コンビニを辞め晴や榀子に会う機会が少なくなっていた。
  • クリスマス・キャロル
    scene09 クリスマス・キャロル
    久しぶりに浪の家に食事を作りに行く榀子。強引に迫ったことを反省し想いを語る浪に対し、榀子もこれまでの関係は壊したくないと告げる。関係が修復し気を良くした浪は、榀子にクリスマスパーティーをしないかと提案する。晴は、自分が会いに行くことが陸生の負担になると考え自ら引いたものの、気持ちが抑えきれず悩む。杏子に相談するが、晴自身はどうしたいのかと問われてしまう。
  • はじまりの新年
    scene10 はじまりの新年
    福田家のホームパーティーに突然現れた榀子。陸生や福田らと大学時代の思い出話などで和やかな時間を過ごす。福田夫妻からの後押しもあり、帰り道に榀子にクリスマスプレゼントを渡す陸生。そんな陸生の態度に絆され、正月を一緒に過ごさないかと誘う榀子。二人が一緒にいることを知らない晴は、陸生の部屋の前でずっと帰りを待つのだった。
  • はるの嵐
    scene11 はるの嵐
    ハルに懇願され、家に泊まることになった陸生。機会がありながら、榀子とのことを言い出せない。一方、榀子も陸生との関係を浪に切り出せないでいた。
  • 遠回り
    scene12 遠回り
    陸生と榀子が一緒にいるところを見て、ショックを受ける浪。榀子は彼にかける言葉もない。その後、榀子を呼び出した陸生は、彼女に本心を問いただす。
スタッフ
アニメーション制作: 動画工房
キャラクターデザイン・総作画監督: 谷口淳一郎
グランドジャンプ: 集英社
副監督: 伊藤良太
原作: 冬目景
撮影監督: 桒野貴文
監督・シリーズ構成: 藤原佳幸
総作画監督: 吉川真帆
編集: 平木大輔
美術監督: 宇佐美哲也
色彩設計: 石黒けい
製作: イエスタデイをうたって製作委員会
近藤貴亮: Singlecoil
音楽: 近藤貴亮
音楽制作: agehasprings
音響監督: 土屋雅紀
キャスト
カンスケ: 前川涼子
専務: 大塚明夫
川島陽子: 本田貴子
早川浪: 花江夏樹
早川湧: 小林千晃
木ノ下: 鈴木達央
杜田: 名塚佳織
柚原チカ: 喜多村英梨
森ノ目榀子: 花澤香菜
湊航一: 小野友樹
滝下克美: 堀江瞬
狭山杏子: 坂本真綾
福田タカノリ: 寺島拓篤
福田梢: 洲崎綾
野中晴: 宮本侑芽
魚住陸生: 小林親弘