Fairy gone フェアリーゴーン

Fairy gone フェアリーゴーン
あらすじ
妖精が兵器として扱われた戦争の終結から9年。違法妖精取締機関ドロテアに入隊したマーリヤは同郷のヴェロニカと再会。彼女は報復に燃える暗殺者となっていた。
エピソード
  • 雨音の罪と白雪の罰
    第13話 雨音の罪と白雪の罰
    ディーゼは別働隊としてウルフランらと共に隠し通路を進み、ついに皇帝の前にたどり着く。そこにレイ・ドーンが現れ、ディーゼの野望を阻止した。その『救国の英雄』の胸に去来するのは十二年前、マーリヤとヴェロニカの故郷スーナを焼いた苦い記憶―。
  • 歯車がとまる城
    第14話 歯車がとまる城
    皇帝を救ったレイ・ドーンが領地へ戻ることになった。ドロテアはレイ・ドーンの警護を命じられるが、マーリヤは複雑な胸中を隠せない。ヴェロニカも護送中のレイ・ドーンを尾行して、復讐の機会を窺っていた。その途上、橋が爆破され一行は足止めを喰らい、古城で一泊することになる。レイ・ドーンに近付くウルフラン、そしてヴェロニカ。マーリヤとフリーは彼らと再び対峙する。
  • 裏町の草ひき
    第15話 裏町の草ひき
    ディーゼの反乱の影には常にウルフランの暗躍があった。結局はそれら全てを裏切り、果たして男は何を目的に動いているのか。事後処理で、ひたすらに反乱者の捜査と摘発の日々が続くドロテアの面々。マーリヤは自責の念にかられながらも職務にあたる。そんな中フリーは、ディーゼに内通したと思われる元王族、クリストフ・ラーンの存在にまでたどり着く。
  • 笑いころげるトンビ
    第16話 笑いころげるトンビ
    国内唯一の貿易拠点ベイルンの船島で大量の禁制品と共に、黒の妖精書〝黒の九〟が発見された。確保へ向かうマーリヤたち。一方で妖精学者ダミアンとヴェロニカ、さらにスウィーティーとパトリシアの二人も船島へと集結。三大マフィアの一つ『グイ・カーリン』幹部のイージェイを交え、三つどもえの戦いとなる。
  • 砂の上の天秤
    第17話 砂の上の天秤
    かくて〝黒の九〟を含む黒の妖精書三部がグイ・カーリンの手に渡り、六部が妖精省の管理下となった。九つ揃った時、そこに何があるのか。ヴェロニカの過去を知るダミアンに、マーリヤは反発するが、彼は更なる危険な勢力の存在を示唆する。フリーは、スウィーティとの司法取引により容疑者リストを入手、グイ・カーリンを本格的にあぶり出し壊滅する作戦にでるが、組織の手は政府内にも伸びていた。
  • 踊るネズミと折れた角
    第18話 踊るネズミと折れた角
    ドロテアの活躍により〝黒の三〟〝“黒の六〟が妖精省の手に渡る。残るはグイ・カーリンの四大幹部最後のひとり、イージェイの所持する〝黒の九〟のみ。潜伏先へと向かうフリー、マーリヤらは意気込む。だがイージェイは、独自の研究により〝培養型妖精兵〟を生み出していた。
  • 悲しい声と黒い本
    第19話 悲しい声と黒い本
    ウルフランに〝黒の九〟が奪われ、ついに黒の妖精書が揃ってしまう。それらを影で手引きしていたのが、マルコ・ベルウッドとその右腕であるグリフ・マーサーと判明し、妖精省を一斉検挙するためドロテアが動く。果たして彼らの目的である『あらまほしき世』とは…。
  • はじまりの森
    第20話 はじまりの森
    アインツ教団。〝黒の妖精書〟が記す〝神獣〟の復活。捜査の過程でスーナを訪れたマーリヤは〝災いの子〟と呼ばれ疎まれてきた自分と、〝幸いの子〟と呼ばれ誰からも寵愛を受けてきたヴェロニカの真実、そして神獣復活のために必要な素材は何なのか、その秘密を知ることになる。
  • 錆びた強者と開かない扉
    第21話 錆びた強者と開かない扉
    教団が狙う最後の素材―〝妖精憑き〟。彼らがそれをひとりでも手にすれば、かつて、古代トゥパール王国を滅ぼしたほどの力を持つ〝神獣〟が甦るという。そして〝妖精憑き〟であるマーリヤ、レイ・ドーン、ヴェロニカの三人は、教団の陰謀によりロンダキアへと誘導されつつあった。
  • 終焉のパレード
    第22話 終焉のパレード
    それぞれの思惑をのせ、暗殺された首相の国葬の車列が走る。葬儀を強行するレイ・ドーン。それを狙い、妖精兵を率い襲撃をかけるウルフラン。警護するドロテア。潜むヴェロニカ。それを探すマーリヤ。そして闘いの匂いに惹かれ―ビーヴィー・リスカーが現れる。
  • 覚めぬ夢より出でしもの
    第23話 覚めぬ夢より出でしもの
    パナム山に大穴を穿ち、神獣が甦る。無差別で徹底的な浄化が人々を襲う。教団やリスカー隊は壊滅しつつあり、個々の闘いは終わりを迎えつつあったが、神獣を止める手立ては見つからない。その時。マーリヤは神獣の咆吼のなかに、破壊衝動以外の意志を感じとる。
  • 放たれた空 つないだ手
    第24話 放たれた空 つないだ手
    【最終話】浄化の光は、妖精武器であれば防ぐことができた。神獣が妖精成体であるならば〝ラッド・ドーター〟の力で〝妖精器官〟を破壊することもできるはず。マーリヤとヴェロニカは神獣を止めるべく立ち向かうが―。駆けつけたフリーと共に、マーリヤは最後の闘いへと身を投じる。
スタッフ
アニメーション制作: P.A.WORKS
キャラクターデザイン: 清水貴子
キャラクター原案・妖精原案: 中田春彌
シリーズ構成・脚本: 十文字青
撮影監督: 江間常高
編集: 廣瀬清志
美術監督: 東潤一
色彩設計: 中野尚美
製作: フェアリーゴーン製作委員会
音楽:KNoW_NAME:Shuhei Mutsuki、KNoW_NAME: Makoto Miyazaki
音楽プロデュース: (K)NoW_NAME
音響効果: 上野励
音響監督: 明田川仁
キャスト
“スウィーティー”ビター・スウィート: 寿美菜子
アクセル・ラブ―: 川田紳司
イージェイ・ダーヴェン・ソー: 安元洋貴
イヴァン・ノエル: 浜田賢二
ヴェロニカ・ソーン: 福原綾香
ウルフラン・ロウ: 細谷佳正
エレノア・ニード: 小松未可子
オズ・メア: 間宮康弘
オレク・グンナー: 山口太郎
カイン・ディスタロル: 麦人
キャスタルハロル: 菊池康弘
ギルバート・ウォーロック: 武虎
クラーラ・キセナリア: 諏訪彩花
グリフ・マーサー: 津田健次郎
ゴルバーン・ヘルワイズ: 樫井笙人
ジェット・グレイヴ: 東地宏樹
シュヴァルツ・ディーゼ: 土師孝也
ジョナサン・パスピエール: 興津和幸
ジングル: 家中宏
セルジュ・トーヴァ: 中島ヨシキ
ソフィー: 伊藤静
ダミアン・カルメ: 子安武人
チマ: 古賀葵
ディキドロ・ディキ: 柳田淳一
テッド・リビングストン: KENN
テレザ・ノエル: 佐藤聡美
トーリ・ドーン: 斧アツシ
ネイン・アウラー: 園崎未恵
パトリシア・パール: 井口裕香
ハンス・エフメド: 野瀬育二
ビーヴィー・リスカー: 江川央生
フリー・アンダーバー: 前野智昭
マーリヤ・ノエル: 市ノ瀬加那
マルコ・ベルウッド: 大塚芳忠
ミケル・コナー: 逢坂良太
ユアン・ブリーズ: 乃村健次
ユルゲン・ドーン: 山本兼平
リリー・ハイネマン: 種﨑敦美
レイ・ドーン: 津田英三
ロバート・チェイス: 沖野晃司