ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
あらすじ
2015年より月刊「少年ガンガン」にて連載中のゆるふわ魔界の日常コメディ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』が2018年10月、アニメ化決定!天界から堕とされ、悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)の主・ベルゼブブ閣下。ベルゼブブに近侍として仕えることになった新人職員・ミュリン。ベルゼブブは知的でクール……と思いきや、実はモフモフ大好きゆるふわ少女だった!憧れと現実のギャップに戸惑いつつも、日々ベルゼブブとの距離を縮めていくミュリン。そんな二人を取り巻く、これまた不器用でユニークな悪魔たち。このお話は、悪魔たちがある気持ちに名前を付けるまでのお話。……かもしれない。
エピソード
  • ボーイ・ミーツ・モフみガール。/近侍の心、閣下知らず。
    第1話 ボーイ・ミーツ・モフみガール。/近侍の心、閣下知らず。
    「ボーイ・ミーツ・モフみガール。」ここは魔界にある元天使たちが働く行政機関・万魔殿(パンデモニウム)。憧れの大悪魔・ベルゼブブ閣下の近侍として仕えることになった新人職員・ミュリンは、喜びと期待に胸を弾ませていた。しかし、知的でクールと思っていた閣下は、実はモフモフが大好きなゆるふわ少女で……。/「近侍の心、閣下知らず。」魔界の市井視察に出掛けることになったベルゼブブと、近侍のミュリン。のんびり気ままなベルゼブブにすっかり振り回されながらも、ミュリンは自身の役割を全うしようと気合いを入れる。そんな矢先、ミュリンはベルゼブブとはぐれてしまい……。
  • 兄貴はメルヘンなお味。/登場、バイブレーションガール。
    第2話 兄貴はメルヘンなお味。/登場、バイブレーションガール。
    「兄貴はメルヘンなお味。」階段から足を滑らせてしまったミュリンを颯爽と助けた寡黙な男・アザゼル。その男らしさに惹かれたミュリンは、自分もアザゼルのような男になりたいと、彼の行動を真似することに。そんなミュリンに、アザゼルはある秘密を打ち明けて……。/「登場、バイブレーションガール。」ベルゼブブの幼馴染・ベルフェゴールは、極度の緊張で尿意を催す頻尿残念ガール。特にアザゼルを前にすると震えが止まらず、いつも逃げ出してばかり。ベルフェゴールを怖がらせてしまうと落ち込むアザゼルのため、ミュリンは解決策を考えるが……。
  • 翼をつけた元天使(エンジェル)。/その近侍、ドSにつき。
    第3話 翼をつけた元天使(エンジェル)。/その近侍、ドSにつき。
    「翼をつけた元天使(エンジェル)。」お昼休みからの帰り道。ベルゼブブとミュリンは、一人の男に遭遇する。多くの女性たちを魅了し、輝く笑顔を振りまく彼は、(自称)ベルゼブブのお兄ちゃん的存在・アスタロト。ベルゼブブを溺愛するアスタロトは、彼女への愛を熱く語り始め……。 /「その近侍、ドSにつき。」愛しのベルゼブブの近侍となったミュリンのことが気になって、仕事そっちのけで品定めにやってきたアスタロト。そんな彼を、近侍・サルガタナスが迎えに来た。アスタロトは、彼女のことを氷結地獄コキュートスの悪鬼も真っ裸で逃げ出す冷淡無情な近侍だと言うが……。
  • 羽ばたけ!想像の翼。/閣下、はじめてのお見舞い。
    第4話 羽ばたけ!想像の翼。/閣下、はじめてのお見舞い。
    「羽ばたけ! 想像の翼。」ミュリンが会議で出会った眼鏡美人・エウリノーム。才色兼備な彼女だが、目が合うたびになぜか心底嫌そうな顔を向けられてしまう。自分は嫌われているのではと不安に思いつつ、彼女が落としたハンカチを届けるために探し回るミュリンだったが……。 /「閣下、はじめてのお見舞い。」ミュリンが福引で当てたペアチケットで、一緒に映画を観に行くことになったベルゼブブ。約束が楽しみすぎて眠れずに一夜を明かし、寝不足のまま仕事へ行くと、そこにはミュリンの姿がなかった。グシオンたちからその理由を聞かされたベルゼブブは……。
  • ちょっぴりビター、ビブリオマニア。/進め、ブラウニーとともに。
    第5話 ちょっぴりビター、ビブリオマニア。/進め、ブラウニーとともに。
    「ちょっぴりビター、ビブリオマニア。」ある日、アザゼルとともに万魔殿の図書館を訪れたミュリンは、そこで常に眠そうで活字中毒な図書館長・ダンタリオンと、常に大声で話すマイペースな古参悪魔・モレクと出会う。2人は先輩と後輩の間柄だというが、そのやりとりは独特で……。 /「進め、ブラウニーとともに。」アザゼルと話すきっかけを作るため、ブラウニー作りに挑戦しようと決めたベルフェゴール。料理に自信がないためベルゼブブに相談するも、彼女もまったく料理ができない。そこで、ベルゼブブのお抱え料理人・ニスロクに教えてもらおうとするが……。
  • 9センチ分の。/閣下の秘密。
    第6話 9センチ分の。/閣下の秘密。
    「9センチ分の。」仕事に向かう朝、靴のヒールが折れてしまい落ち込んでしまうベルゼブブ。ヒールは万魔殿の装飾部部長・アドラメレクが直してくれることになったのだが、その間もベルゼブブの気持ちは晴れないまま。ベルゼブブが高いヒールにこだわるのには理由があって……。 /「閣下の秘密。」万魔殿の主として雑誌取材に応じるベルゼブブは、「苦手なもの」を問われて何もないと回答した。その冷静で毅然とした姿に、かつてベルゼブブに対する理想と現実のギャップに戸惑っていた自分を懐かしみながらも、ミュリンは感心していたのだが……。
  • パンデモ湯よいとこ一度はおいで。/"もっと知りたい"のに…。
    第7話 パンデモ湯よいとこ一度はおいで。/"もっと知りたい"のに…。
    「パンデモ湯よいとこ一度はおいで。」職員の運動不足解消のため、ジムを開設することになった万魔殿。しかし、お披露目会に向かったベルゼブブたちを待っていたのは、アスタロト考案のお風呂施設「万魔殿の湯」だった。作ってしまったものは仕方がないと、みんなでお風呂に入ることにしたのだが……。 /「“もっと知りたい”のに…。」ミュリンが実家で犬を飼っていることをベルフェゴールから聞き、ミュリンのプライベートを自分は何も知らないのだと気づいたベルゼブブ。詮索したくない、でも知りたい……。揺れ動く気持ちに戸惑うベルゼブブは、アスタロトに相談することにしたのだが……。
  • かわいいって言いたい。/海に行こう。
    第8話 かわいいって言いたい。/海に行こう。
    「かわいいって言いたい。」大好きなキャラクター“ひげもこフレンズ”のコラボカフェの存在を知ったサルガタナス。可愛い空間に自分のような可愛げのない者が行ってはいけないのでは……と思い悩むが、勇気を出してカフェに向かうことに。するとそこには、アザゼルの姿もあって……。 /「海に行こう。」休日に海へ遊びに行く約束をしたベルゼブブとベルフェゴール。アドラメレクと誘惑部・サキュバス課のモリガンに協力してもらい、二人は水着を新調することに。ともに海へ行くアザゼルを想い、ベルフェゴールは水着を選び始めるのだが……。
  • ふたり、ときどきすれ違い。/夢を見たから。
    第9話 ふたり、ときどきすれ違い。/夢を見たから。
    「ふたり、ときどきすれ違い。」ある日、ベルゼブブとミュリンの間に起こったすれ違い。それがきっかけで、ミュリンが他部署への異動願いを出してしまうかもしれないと、ベルゼブブは動揺する。一方、ベルゼブブを怒らせてしまったと感じたミュリンは、アスタロトに相談をするが……。 /「夢を見たから。」アザゼルを前にすると、恥ずかしさと緊張で逃げ出してばかりのベルフェゴール。まっすぐに目を見て大好きな気持ちを伝えたいのに、いつもうまく話せない。あふれそうな気持ちを抱えながら図書館に来たベルフェゴールは、偶然アザゼルと出会って……。
  • 缶コーヒー1本分の距離。/寒い日、あなたの香り。
    第10話 缶コーヒー1本分の距離。/寒い日、あなたの香り。
    「缶コーヒー1本分の距離。」いつも仕事をサボって女性と遊んでばかりのアスタロトと、そんな彼を今日も迎えに行くサルガタナス。万魔殿への帰り道、二人は通りがかった公園で一息入れることに。アスタロトの言動に呆れながらも、サルガタナスは自身の彼への気持ちと向き合おうとするが……。 /「寒い日、あなたの香り。」寒波が訪れ、真っ白な雪化粧をほどこされた万魔殿。寒いのが苦手なベルゼブブは、あまりの寒さに部屋の外へ出られないでいた。色々な対策を講じ仕事に打ち込もうとするも、震えが止まらずつらそうなベルゼブブに、ミュリンはあることを思いついて……。
  • ごっちん・IN・メリーランド。
    第11話 ごっちん・IN・メリーランド。
    ベルフェゴールは、ある日のお茶会で間違ってお酒を飲んでしまい、一人眠り込んでしまった。そんなベルフェゴールを見つけたアザゼルは、介抱のため慌てて人を呼びに行こうとする。しかし、そんなアザゼルを夢うつつのベルフェゴールが引き留めて……。
  • 閣下の心、近侍知らず。/その気持ちの名前は。
    第12話 閣下の心、近侍知らず。/その気持ちの名前は。
    「閣下の心、近侍知らず。」ミュリンにプレゼントされ、大切に着ていたセーターがほつれてしまった。ショックのあまりミュリンと目を合わせられず、溜め息を吐いてばかりのベルゼブブ。その態度に、ミュリンは自分がまた閣下を怒らせてしまったのではと勘違いをしてしまって…。 /「その気持ちの名前は。」春を迎えた万魔殿で、お花見をすることになったベルゼブブ達。お花見をしたことがないというベルゼブブのために、一同は張り切って準備をする。そんなのんびりとした日常を過ごしながら、ミュリンはベルゼブブの近侍となったばかりの頃を思い出し……。
スタッフ
アニメーション制作: ライデンフィルム
キャラクターデザイン: 住本悦子
シリーズ構成・脚本: 冨田頼子
プロップデザイン: 住本悦子 依田正彦
原作: matoba
撮影監督: 小畑芳樹
月刊少年ガンガン: スクウェア・エニックス
監督: 和ト湊
総作画監督: 伊藤大翼 住本悦子 依田正彦
編集: 長谷川舞
美術監督: 本田光平
美術設定: 綱頭瑛子
色彩設計: 木村聡子
製作: 「ベルまま。」製作委員会
音楽: 分島花音 千葉"naotyu-"直樹
音響監督: 本山哲
キャスト
アザゼル: 日野聡
アスタロト: 松岡禎丞
アドラメレク: 小野坂昌也
エウリノーム: 赤﨑千夏
カミオ: 堀内賢雄
サルガタナス: 加隈亜衣
ダンタリオン: 悠木碧
ナレーション: 井上喜久子
ベルゼブブ: 大西沙織
ベルフェゴール: 久野美咲
ミュリン: 安田陸矢
モリガン: 洲崎綾
モレク: 興津和幸