シュタインズ・ゲート ゼロ

シュタインズ・ゲート ゼロ
あらすじ
2010年冬 β世界線―――主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線。失意の底にある岡部倫太郎。彼を心配する仲間たち。救われなかった「彼女」はどうなったのか?新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。
エピソード
  • 零化域のミッシングリンク
    第1話 零化域のミッシングリンク
    いくつもの世界線を巡る無限の彷徨。その過酷な旅の中で、岡部は紅莉栖を死の運命から救い出すことを、ついに諦めた。そして、再び大学に通い始めた彼は、平凡な日常に埋没していく。それでも心の傷を癒しきれず、メンタルクリニックへの通院を続ける岡部の中で、いつしか白衣をまとった「鳳凰院凶真」の顔は封印されていた。
  • 閉時曲線のエピグラフ
    第2話 閉時曲線のエピグラフ
    ヴィクトル・コンドリア大学のレスキネン教授によるセミナーに出席した岡部。そこで展開された理論は、「人の記憶をデータ化して保存する」という、かつて紅莉栖が提唱したものだった。そして、人の記憶や感情、心をベースに構築された人工知能「アマデウス」のデモンストレーションが行われる。
  • 双対福音のプロトコル
    第3話 双対福音のプロトコル
    紅莉栖の8ヶ月前の記憶をベースにした人工知能「アマデウス」のテスターとなった岡部。「アマデウス」の反応は紅莉栖そのもので、岡部はまるで紅莉栖が戻ってきたかのような錯覚に陥る。そんな中、まゆりの発案で、彼女のコスプレ友達も交えたクリスマスパーティを開催することになる。
  • 亡失流転のソリチュード
    第4話 亡失流転のソリチュード
    「アマデウス紅莉栖」に接しているうちに、まるで本物の紅莉栖がそこにいるかのように錯覚し始める岡部。そんな彼を見ていられず、真帆は「ここにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖じゃない」と非情な現実を突きつける。その瞬間、岡部は世界が歪む感覚にとらわれる。それは久しく感じることのなかった、世界線を移動する感覚「リーディング・シュタイナー」だった。
  • 非点収差のソリチュード
    第5話 非点収差のソリチュード
    鈴羽と共に未来からやってきた椎名かがりの捜索を始める岡部。ダルの依頼でやってきた捜索の専門家は、別の世界線でまゆりを幾度も殺害した「ラウンダー」の桐生萌郁だった。このタイミングで再び目の前に萌郁が現れたことに、岡部は強い不安と疑念を抱く。
  • 軌道秩序のエクリプス
    第6話 軌道秩序のエクリプス
    るかがラボに連れてきた、記憶喪失の少女。その姿を見た鈴羽は、彼女こそ12年間行方不明になっていた椎名かがりだと確信する。なぜなら、かがりが「ママにもらったお守り」だと言って大切にしていた「うーぱ」の人形を、その少女が持っていたからだ。だが、少女は何も思い出すことができず、行方不明だった12年間のことは空白のままだった。
  • 振電遷移のエクリプス
    第7話 振電遷移のエクリプス
    ラボで行われているお正月パーティが盛り上がる中、突然「アマデウス紅莉栖」の接続が遮断された。さらにその直後、銃で武装した覆面の男たちがラボを襲撃してくる。かつて、別の世界線で「ラウンダー」の襲撃を受けた際に命を落としたのはまゆりだった。だが、今回狙われたのは……。
  • 二律背反のデュアル
    第8話 二律背反のデュアル
    アクセス不能の「アマデウス紅莉栖」から届く、助けを求める声。その直後、岡部は世界線の変動を感知する。気が付くと、握りしめたスマホからは「アマデウス」のアプリが消えていた。そして、彼の前に以前と変わらぬ姿の紅莉栖が現れる。そこは、紅莉栖が生存している「α世界線」だった。
  • 永劫回帰のパンドラ
    第9話 永劫回帰のパンドラ
    「α世界線」で紅莉栖と再会し、束の間の逢瀬を果たした岡部。病院のベッドで目覚めた岡部は、再び「β世界線」へと帰還していた。すべてはもとに戻ったかのように思われた。だが、岡部が眠っていた間にも、「アマデウス」の乗っ取りに続き、彼らの身の回りにはいくつかの不穏な事件が起きていた。
  • 存在証明のパンドラ
    第10話 存在証明のパンドラ
    明晰な頭脳を持つ後輩・紅莉栖に憧れ、尊敬していた真帆。それと同時に彼女は、どうやっても追いつけない天賦の才能に、ひそかに劣等感を抱いてもいた。そんな真帆の元には、紅莉栖の遺品が残されていた。それは生前、彼女が使用し、その思考が記録されているノートパソコンだった。
  • 存在忘却のパンドラ
    第11話 存在忘却のパンドラ
    真帆が紅莉栖のノートパソコンの解析を頼んだ“専門家”とは、橋田至だった。真帆がこれ以上深入りしないよう、岡部はタイムリープマシンの真実を話すことを決意する。しかし、そこへ再び不穏な影が忍び寄る。
  • 相互再帰のマザーグース
    第12話 相互再帰のマザーグース
    ラボに襲撃を受けて以来、かがりの身の回りには異変は起きていない。だが、その記憶はまだ戻らぬままだった。そんな中、まゆりがふと口ずさんだ歌を聴いたかがり。その瞬間、彼女は突如、気を失ってしまう。
  • 回折叙唱のマザーグース
    第13話 回折叙唱のマザーグース
    かつての記憶を思い出したかがりは、まるで子供時代に戻ったかのように、まゆりを「ママ」と呼んで甘える。しかし、この時代にやってきた直後、鈴羽とはぐれてから現在までの記憶はいまだに戻らない。肝心な部分が空白のままであることに、岡部は漠然とした不安を覚える。
  • 弾性限界のリコグナイズ
    第14話 弾性限界のリコグナイズ
    かがりが突然失踪してから数ヶ月。岡部たちはあらゆる手を使って行方を捜したが、何の手掛かりも得られていない。そんな中、ダルと鈴羽はかつて岡部の手で破棄されたタイムリープマシンをもう一度作るため、真帆の協力を得ようとしていた。
  • 漸近線のリコグナイズ
    第15話 漸近線のリコグナイズ
    将来、ダルと由季との間に生まれる運命の鈴羽。しかし、現在の「両親」の関係は進展しておらず、最近はあまり連絡も取っていない様子。父のあまりにも消極的な姿勢に業を煮やした鈴羽は、一計を案じるのだが……。
  • 無限遠点のアルタイル
    第16話 無限遠点のアルタイル
    レスキネン教授から研究室に入るよう誘われたのをきっかけに、留学を目指して勉学に勤しむ日々を送る岡部。だが、まゆりは岡部には何らかの秘めた思いがあり、それを表に出さないよう必死に堪え続けていることに気づいていた。一方、ダルは真帆と協力して、破棄された電話レンジ(仮)の再現に挑んでいた。
  • 双曲平面のアルタイル
    第17話 双曲平面のアルタイル
    タイムマシンに残された燃料は残りわずか。これ以上時間が経つと、燃料不足で紅莉栖がこの世を去った日まで辿り着けなくなる。鈴羽が過去に向けて旅立つ準備を進める一方で、まゆりもひそかにある決意を固めていた。
  • 並進対称のアルタイル
    第18話 並進対称のアルタイル
    タイムマシンの強奪をもくろむ工作員の銃撃で、倒れ伏すまゆり。そこへ、ライダースーツ姿のかがりが現れる。まゆりが血を流して倒れる姿様を見たかがりは逆上し、武装した工作員たちに襲い掛かるのだった。
  • 循環座標のアルタイル
    第19話 循環座標のアルタイル
    大国の特殊部隊により、秋葉原のビルは戦場と化し、まゆりと鈴羽を乗せたタイムマシンは爆破され、ふたりは生死不明となった。この悲劇的結末を回避するため、岡部は真帆とダルが制作中だったタイムリープマシンを完成させる決意を固める。
  • 盟誓のリナシメント
    第20話 盟誓のリナシメント
    7月7日へとタイムリープしたはずの岡部。しかし目を覚ましたのは、見知らぬ施設の一室だった。身体中に走る激痛に耐えながらあたりを見回した彼は、自らの置かれた状況に愕然とする。そこは……。
  • 結像のリナシメント
    第21話 結像のリナシメント
    再びシュタインズゲートを目指すと決意した岡部。しかし、2036年から、タイムリープマシンを使って2011年へ戻るためには、3000回以上のタイムリープが必要となる。精神的負担は計り知れないが、岡部は過去に向けて長い旅に出ることを決意する。
  • 投企のリナシメント
    第22話 投企のリナシメント
    現れた攻撃ヘリは、レスキネンたち米国のものではなく、ロシアのものだった。何度やりなおしても、タイムマシンの破壊は回避できないのか。諦めることなく方策を練る岡部達に待っていたのは、ひとつの苦渋の決断だった。
  • 無限遠点のアークライト/交差座標のスターダスト
    第23話 無限遠点のアークライト/交差座標のスターダスト
    過去に向けて「Dライン」を送ることで、「アマデウス紅莉栖」の存在は消失した。これで、ロシアがタイムマシン争奪戦に介入する余地はなくなった。あとは、レスキネンとの対決をいかに乗り切るか――。いよいよ「シュタインズ・ゲート」へと至る最後の戦いが始まろうとしていた。
  • 結晶多形のヴァレンティヌス
    #SP 結晶多形のヴァレンティヌス
    バレンタインデーが間近に迫り、それぞれに思いをはせる女子たち。そんな折、フェイリスの主導で、みんなで手作りチョコを作る会が開かれることに。
スタッフ
3Dディレクター: ヨシダミキ
アニメーション制作: WHITE FOX
キャラクターデザイン: 稲吉智重
キャラクター原案: huke
シナリオ監修: 安本了 松原達也 林直孝 西村卓也
シリーズ構成: 花田十輝
プロップデザイン: 稲吉朝子
モデリング: 相馬洋
原作: MAGES. 志倉千代丸
撮影監督: 塩川智幸
未来ガジェット原案: SH@RP
特効監修: 谷口久美子
編集: 須藤瞳
美術監督: 小髙猛
美術設定: コレサワシゲユキ 小高みちる 灯夢
色彩設計: 佐藤美由紀
製作: 未来ガジェット研究所
音楽制作: MAGES.
音楽制作協力: ミラクル・バス
音響監督: 山口貴之
キャスト
アレクシス・レスキネン: 上田燿司
ジュディ・レイエス: にしむらまや
フェイリス・ニャンニャン: 桃井はるこ
中瀬克美: 本多真梨子
天王寺綯: 山本彩乃
天王寺裕吾: てらそままさき
岡部倫太郎: 宮野真守
岡部朱美: 庄子裕衣
来嶋かえで: 木野日菜
桐生萌郁: 後藤沙緒里
椎名かがり: 潘めぐみ
椎名まゆり: 花澤香菜
橋田至: 関智一
比屋定真帆: 矢作紗友里
漆原るか: 小林ゆう
牧瀬紅莉栖: 今井麻美
阿万音由季: 田村ゆかり
阿万音鈴羽: 田村ゆかり