逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~

逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~
あらすじ
奇想天外な事件に巻き込まれた依頼人たち。主人公の新人弁護士、成歩堂龍一が彼らの容疑を晴らすために立ち上がる。 被告人は有罪なのか無罪なのか…。成歩堂は依頼人を信じ、ライバル検事らと法廷で熱いバトルを繰り広げる。絶体絶命のピンチに追い込まれ、万事休すかという瞬間、「異議あり!」との言葉と共にわずかな証拠から、ムジュンを突き、華麗なる逆転劇を巻き起こす!
エピソード
  • はじめての逆転
    第1話 はじめての逆転
    新人弁護士の成歩堂龍一は初めての法廷で、いきなり殺人事件を扱う事になる。依頼人である小学校からの親友、矢張政志に交際していたモデルの高日美佳を殺害した容疑がかけられたのだ。検察官の亜内武文は目撃者として山野星雄を召喚する。窮地に追い込まれた成歩堂だが、証言と証拠品の矛盾を糸口に反撃を開始する。
  • 逆転姉妹 - 1st Trial
    第2話 逆転姉妹 - 1st Trial
    新人弁護士の成歩堂龍一は法律事務所の所長、綾里千尋と妹の真宵と一緒に食事に行く事になる。成歩堂は待ち合わせ時間に所長室に行き、絶命した千尋を発見する。通報を受けて駆け付けた糸鋸圭介刑事は現場の状況から真宵を犯人として逮捕。真宵の弁護を引き受けた星影弁護士は裏の権力を握る何者かに圧力をかけられて…。
  • 逆転姉妹 - 2nd Trial
    第3話 逆転姉妹 - 2nd Trial
    新人弁護士の成歩堂は姉の綾里千尋を殺害した容疑がかけられた妹の真宵を弁護するため、法廷に立つ。事件の目撃者、梅世が証言。成歩堂は梅世のウソを見破るが、御剣の援護によって梅世の発言の矛盾を立証する事に。成歩堂は矛盾を立証すると、「くらえッ!」と御剣も知らない証拠品を叩きつけ、形勢は一気に逆転するが…。
  • 逆転姉妹 - Last Trial
    第4話 逆転姉妹 - Last Trial
    成歩堂は師匠の千尋が殺害された事件の真犯人として裏の権力を握るコナカに告発される。裁判当日、成歩堂は自分の弁護を自分でする事に。成歩堂は犯人と睨んでいるコナカを追い込み、罪を認めさせようとするが、天才検事の御剣の援護によって成歩堂の主張は打ち砕かれる。一気に形勢は逆転し、成歩堂は諦めかけるが…。
  • 逆転のトノサマン - 1st Trial
    第5話 逆転のトノサマン - 1st Trial
    真宵も大好きな子供たちのヒーロー、大江戸戦士トノサマン役の荷星三郎が怪人アクダイカーン役の衣袋武志を殺害した疑いで逮捕される。新人弁護士の成歩堂龍一は真宵に促され、荷星の弁護士として法廷に立つ。成歩堂は荷星以外に犯行が可能な人物を提示して時間を稼ごうとするが…。
  • 逆転のトノサマン - 2nd Trial
    第6話 逆転のトノサマン - 2nd Trial
    子供たちのヒーロー、大江戸戦士トノサマンの主役、荷星三郎が怪人アクダイカーン役の衣袋武志を殺害した疑いで逮捕される。成歩堂は事件の時、撮影所にいた監督の宇在拓也、プロデューサーの姫神サクラから話を聞く。行き詰った成歩堂はトノサマンの大ファン、九太のアルバムの中に逆転のヒントを見つけて…。
  • 逆転のトノサマン - Last Trial
    第7話 逆転のトノサマン - Last Trial
    トノサマン役の荷星が悪役の衣袋を殺害した疑いで逮捕される。成歩堂は新事実を突きつけ、姫神にも犯行は可能だと主張。姫神は重たい凶器を扱う事はできないと無実を訴えるが、成歩堂はスピアーが凶器ではないと考えていた。天才検事の御剣から本当の凶器を出してみろと言われ、窮地に追い込まれた成歩堂だったが…。
  • 逆転、そしてサヨナラ - 1st Trial
    第8話 逆転、そしてサヨナラ - 1st Trial
    謎の巨大生物ヒョッシーが目撃されて話題のひょうたん湖で銃殺された男性の遺体が発見され、天才検事の御剣怜侍が容疑者として逮捕される。弁護の申し出を御剣に断られた成歩堂だったが、独自に調査を進める事に。だが、目撃者が現れ、御剣の立場はますます不利になる。そんな中、成歩堂は御剣と被害者の接点を掴む。
  • 逆転、そしてサヨナラ - 2nd Trial
    第9話 逆転、そしてサヨナラ - 2nd Trial
    成歩堂は法廷で御剣の師匠、狩魔検事と対決する。糸鋸刑事はピストルから御剣の右手の指紋が検出されたと証言。目撃者のナツミは成歩堂の尋問により、犯人の顔を見ていないと認めるが、証拠として、発砲の瞬間を引き延ばした写真を提出。成歩堂は拡大写真に決定的な矛盾を見つけて…。
  • 逆転、そしてサヨナラ - 3rd Trial
    第10話 逆転、そしてサヨナラ - 3rd Trial
    審理が再開され、狩魔検事は目撃者として貸しボート屋のオヤジを召喚。オヤジは深夜0時過ぎに音が2回した後、ボートが戻ってきて、小屋の外を歩く御剣を見たと証言。裁判長は犯行を立証する重大な告発と判断し、御剣に有罪を言い渡す。成歩堂は無罪を勝ち取れずに落胆するが…。
  • 逆転、そしてサヨナラ - 4th Trial
    第11話 逆転、そしてサヨナラ - 4th Trial
    成歩堂は貸しボート屋のオヤジを真犯人として告発。成歩堂はボート小屋で「御剣怜侍に復讐せよ」と書かれた手紙を発見。12月28日、審理が再開され、成歩堂はオヤジの犯行を立証しようとするが、狩魔検事に反論される。成歩堂は諦めず、事件の謎を解くカギとなる15年前のDL6号事件とオヤジの接点を見つけて…。
  • 逆転、そしてサヨナラ - Last Trial
    第12話 逆転、そしてサヨナラ - Last Trial
    御剣は15年前のDL6号事件の犯人は自分だと告白。成歩堂は御剣の証言に矛盾を見つけるが狩魔検事は反論。窮地に追い込まれた成歩堂だったが、諦めずに反撃する。そして、成歩堂は御剣の無罪を勝ち取るため、DL6号事件の謎、真犯人を暴く。
  • 逆転の約束
    第13話 逆転の約束
    成歩堂龍一は15年前の真実を今になって知る事になる。15年前の9月2日、成歩堂はクラスメイトの御剣の給食費を盗んだ犯人として学級裁判にかけられる。皆が疑う中、御剣、矢張は無実を訴える成歩堂の言葉を信じて無罪が決まる。だが、DL6号事件が起きて御剣の転校が決まり、成歩堂たちは御剣に会いに行くが…。
  • 再会、そして逆転 - 1st Trial
    第14話 再会、そして逆転 - 1st Trial
    成歩堂と外科医の霧崎は霊媒師の真宵がいる倉院の里を訪れる。投薬ミスで患者14人の命を奪った看護師の葉中未実は罪を認める前に交通事故で他界。院長の霧崎は未実の霊に念書を書かせ、病院の信頼を取り戻すため、真宵に霊媒の儀式を依頼したのだ。だが、儀式中に真宵の体に宿った霊が霧崎を殺害する悲劇が起きる。
  • 再会、そして逆転 - 2nd Trial
    第15話 再会、そして逆転 - 2nd Trial
    霊媒師の真宵は外科医の霧崎に依頼され、他界した看護師、未実の霊を呼び寄せる。この時、真宵の体に宿った霊が霧崎を殺害。真宵は逮捕され、前代未聞の霊媒裁判が開廷。成歩堂は狩魔豪の娘である検事の冥と法廷で争う事に。冥は譲歩案を成歩堂に勧める。成歩堂は完全無罪を主張。だが、これは冥が仕掛けた罠だった…。
  • 再会、そして逆転 - 3rd Trial
    第16話 再会、そして逆転 - 3rd Trial
    1日目の裁判が閉廷後、成歩堂は倉院の里を訪れ、重要な手掛かりを発見。さらに成歩堂はナツミやのどかから新事実を聞き出し、誰が真犯人なのか目星を付ける。成歩堂は真犯人には共犯者がいると考えていた。そんな折、キミ子が警察の捜査に協力。留置場の真宵は味方だから心配ないとキミ子の事を信じていたが…。
  • 再会、そして逆転 - Last Trial
    第17話 再会、そして逆転 - Last Trial
    裁判2日目、キミ子とのどかが証言台に立つ。2人の証言は真宵の犯行を決定づけるものだった。だが、成歩堂はのどかの証言のウソを見破って反撃。成歩堂はのどかを真犯人と考え、共犯者についても言及する。成歩堂は2人の犯行を暴こうとするが、冥は成歩堂の主張の穴を指摘。成歩堂は絶体絶命のピンチに追い込まれて…。
  • 逆転サーカス - 1st Trial
    第18話 逆転サーカス - 1st Trial
    タチミサーカスの団長、立見七百人が殺害され、最後に団長と会った魔術師マックスが逮捕される。マックスは空中を飛び回る飛行魔術で人気を博していた。成歩堂龍一は真宵に促されて弁護を引き受ける。糸鋸刑事は犯行が可能なのは空を飛べるマックスだけと断言。成歩堂はマックスを弁護する手がかりを見つけようとするが…。
  • 逆転サーカス - 2nd Trial
    第19話 逆転サーカス - 2nd Trial
    検事の狩魔冥は飛行魔術ができるマックス以外に犯行は不可能と訴えるが、成歩堂は事件現場に飛行魔術の仕掛けはなかったと反論。成歩堂はタチミサーカスを再調査し、半年前に不幸な事故が起きた事を知る。成歩堂は今回の事件と繋がっていると確信して半年前の事故について調べるが…。
  • 逆転サーカス - Last Trial
    第20話 逆転サーカス - Last Trial
    裁判2日目、アクロは事件の時、部屋から空を飛ぶマックスを見たと証言。だが、成歩堂は矛盾を指摘し、被害者の命を奪った真犯人について言及する。成歩堂は真犯人の犯行を立証し、半年前の事故の真実も暴こうとするが、検事の冥、真犯人から反撃されて…。
  • さらば、逆転 - 1st Trial
    第21話 さらば、逆転 - 1st Trial
    全日本ヒーロー・オブ・ヒーローのグランプリ発表後、会場のホテルで忍者ナンジャ役の藤見野イサオが殺害される。殺害の容疑で逮捕されたのはライバルのトノサマン丙役、王都楼真悟だった。成歩堂は王都楼の弁護を申し出て、調査を進めるが、王都楼が有罪となる証拠があって…。
  • さらば、逆転 - 2nd Trial
    第22話 さらば、逆転 - 2nd Trial
    裁判当日、成歩堂は冥の代理の検事、御剣と対決。成歩堂は証拠の矛盾を指摘し、王都楼の無罪を主張する。成歩堂は状況証拠からマネージャーの霧緒を犯人として告発するが、犯行を立証できずにこの日の審理は終了。閉廷後、成歩堂は想像もしなかった事態に直面する事になって…。
  • さらば、逆転 - 3rd Trial
    第23話 さらば、逆転 - 3rd Trial
    翌日、王都楼の審理は再開され、その間に糸鋸刑事は真宵を捜索。霧緒の証人尋問では真実が次々と明らかになり、事件の核心へと近づいていく。成歩堂は真宵が見つかるまで時間を引き延ばそうとするが、絶体絶命のピンチに追い込まれて…。
  • さらば、逆転 - Last Trial
    第24話 さらば、逆転 - Last Trial
    成歩堂は王都楼が虎狼死家に殺害を依頼した事を突き止め、弁護士として葛藤しながら裁判に臨む。証人の虎狼死家は無線機を通し、華宮霧緒に依頼されたとウソの証言。成歩堂が証言の矛盾を指摘すると、虎狼死家は真宵を始末する事をほのめかして警告。尋問を続ければ、真宵の命の保証はなく、成歩堂は最大のピンチを迎える。
スタッフ
CGディレクター: 福田陽
アニメーション制作: A-1 Pictures
キャラクターデザイン: 太田恵子 渡辺浩二
シリーズ構成: 冨岡淳広
チーフプロデューサー: 菊川雄士
プロップデザイン: 佐々木守
プロデューサー: 永井幸治
原作・監修: カプコン
撮影監督: 清水彩香
監督: 渡辺歩
編集: 後藤正浩
美術監督: 岩瀬栄治
美術設定: 大平司
色彩設定: 中尾総子
音楽: 和田薫
音響監督: 小林克良
キャスト
御剣怜侍: 玉木雅士
成歩堂龍一: 梶裕貴
矢張政志: 奈良徹
糸鋸圭介: 岩崎征実
綾里千尋: 中村千絵
綾里真宵: 悠木碧