クロックワーク・プラネット

クロックワーク・プラネット
あらすじ
――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。1000年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。彼らの能力が噛み合わされた時、運命の歯車は回り出す。破綻と延命を繰り返し、崩壊寸前の地球(「クロックワーク・プラネット」)を修復するクロックパンク・ファンタジー!
エピソード
  • 運命の歯車(ギア・オブ・デスティニー)
    第1話 運命の歯車(ギア・オブ・デスティニー)
    地球が滅び、クロックワーク・プラネットとして再生してから1000年が過ぎようとしていた、ある日の区画・京都。機械オタクで時計や歯車に囲まれ生活する見浦ナオトのもとに、突然黒い箱が降ってきた――!中から現れたのは、美少女自動人形(オートマタ)のリューズ。故障して動かない彼女を、「音」を頼りに修理しようと試みるが…。
  • 大支柱崩落(パージ)
    第2話 大支柱崩落(パージ)
    「マイスターギルド」の天才技師マリー・ベル・ブレゲは京都コア・タワーの異常を調査するべく派遣されていたが、軍の不審な動きを察知する。一方、ナオトの高校にリューズが転入生としてやってきた。さえないナオトと美少女リューズの組み合わせに学校中が大騒ぎに…!?
  • 真正面突破(コンフリクト)
    第3話 真正面突破(コンフリクト)
    故障していたはずのリューズが動く姿に遭遇したマリー。リューズを修理したのがナオトだと知り、京都のパージを回避すべく協力を申し出る。そしてコア・タワーに向かう中、マリーは自分を陥れようとする黒幕の存在に気付くのだった…。
  • 虚数運動機関(イマジナリー・ギア)
    第4話 虚数運動機関(イマジナリー・ギア)
    地下にリューズの妹が眠っていると聞き、協力することに決めたナオト。やっとの思いでコア・タワーの深層部に潜入し、懸命に作業を進めるが、パージの時間は刻一刻と迫っていた。そんな中、ナオトはリューズを失うかもしれない大きな決断を迫られる――!
  • 撃滅するもの(トリーシュラ)
    第5話 撃滅するもの(トリーシュラ)
    無事、区画・京都のパージを食い止めナオトとマリーたちだが、そこにはリューズの妹、アンクルは存在しなかった。日常に戻ったマリーのもとに、違法とされる電磁技術を使った短波通信が届く。マリーを挑発するその内容には、新たな陰謀が隠されていた――。
  • 大深度地下層(ディープ・アンダーグラウンド)
    第6話 大深度地下層(ディープ・アンダーグラウンド)
    区画・三重の最下層でアンクルと対峙したナオトとマリーたち。しかし、その姿は変わり果ててしまっていた。兵器と化したアンクルと戦う中、ナオトとリューズは大深度地下層へと落ちてしまうのだった…。絶望するマリーに追い打ちをかけるように、隠蔽されていた巨大兵器の存在が明らかになる――。
  • 首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)
    第7話 首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)
    東京へと向かう巨大兵器から人々を救うべく、テロリストとして区画・秋葉原をジャックしたナオトとマリーたち。住民を避難させた無人の街で、巨大兵器は「軍」とぶつかり合い、リューズは兵器と化した妹のアンクルと戦うのだったーー。
  • 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)
    第8話 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)
    ナオトをマスターとすることで、「撃滅するもの」の呪縛から解かれたアンクル。アンクルの持つキューブから、マリーに短波通信を送った主、ベルモットが現れる。ベルモットから巨大兵器・八束脛は電磁技術を使用したものだと知らされる。そして秋葉原はその電磁波により、すべての歯車が止まってしまうのであった…。
  • 空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)
    第9話 空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)
    電磁波の影響で動きを止めたリューズとハルターを直すべく、ナオトとマリーたちは区画・上野のコンラッドの元へ向かう。そこでベルモットから、八束脛の真の目的を知る。八束脛が再び動き出すまでの限られた時間、動かないリューズとハルターを直すことはできるのかーー!?
  • 自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)
    第10話 自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)
    区画・秋葉原を脱磁させるために、国の中枢にして日本中の区画の中心である「天御柱」を乗っ取ることにしたナオトとマリーたち。ハルターの意思を持った兵器とともに区画・桜田門を突破し、星宮蓮子を人質に「犯行声明」を出す。その狙いは―ー?
  • 天才の理論(セオリー・オブ・Y)
    第11話 天才の理論(セオリー・オブ・Y)
    マリーのかつての学友であった星宮蓮子とともにクーデターの行方を見守るナオトたちは、日本政府によって八束脛に「トールワンド」が投下されることを知る。投下時刻が迫る中、クーデターの黒幕、ゲンナイは八束脛の主砲を放つーー!ゲンナイの暴走を止めるべくナオトとマリー、二人の天才が挑む…!
  • 終焉機動(スティール・ウェイト)
    第12話 終焉機動(スティール・ウェイト)
    ナオトとマリーが世界の再構築を試みる中、アンクルは八束脛の暴走を止めるため一人立ち向かう。リューズ、ハルター、ベルモットもそれぞれ戦いながら二人の起こす奇跡を願っていた。「Y」の構築した世界を壊そうとするゲンナイに、二人の天才は抗うことができるのかーー!
スタッフ
3DCG: 船越勇貴
アニメーション制作: XEBEC
キャラクターデザイン: 島村秀一
シリーズ構成: 杉原研二
プロップデザイン: 原由知
メカデザイン: 寺岡賢司
世界観設定: 末武康光・枝松聖
原作: 暇奈椿 榎宮祐
原作イラスト: 茨乃
撮影監督: 武原健二
監督: 長澤剛
美術デザイン: 久保田正宏
美術監督: 甲斐政俊
色彩設定: 水野多恵子
製作: TBS クロプラ製作委員会
音響監督: 本山哲
キャスト
アンクル: 千本木彩花
ヴァイネイ・ハルター: 松田健一郎
マリー・ベルブレゲ: 大西沙織
リューズ: 加隈亜衣
見浦ナオト: 南條愛乃