CHAOS;CHILD

CHAOS;CHILD
あらすじ
2015年、渋谷。6年前に起きた大災害、渋谷地震から復興した街に新設された私立高校『碧朋学園』(へきほうがくえん)に通う少年、宮代拓留は、自身が設立した新聞部の活動の一環として『ニュージェネレーションの狂気の再来』と称される連続殺人事件を追っていた…。
エピソード
  • CHAOS;HEAD
    第1話 CHAOS;HEAD
    【CHAOS;HEAD】_BR_「その目! 誰の目!」_BR_2009年9月7日、23時30分。その日、5人の学生が渋谷・コーネリアスタワーからいっせいに身を投げた。のちに「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれる連続猟奇事件の幕開けである。これは6年前に渋谷を震撼させ、今もその影響を負の遺産として残す、巨大な陰謀の記憶の一片である――。_BR_【情報強者は事件を追う】_BR_「へえ、血が繋がってない姉弟……。なんかやらしいですね」_BR_2件連続して渋谷で発生した不気味な変死事件。その真相を追っていた宮代拓留は、6年前にも同様の事件が、やはり渋谷で起こされていたことに気付く。しかも犯行日は決まって6年前と同じ日。もしもその法則が正しければ、今日、3件目の事件が……起こる!!_BR_
  • 情報強者は事件を追う
    第1話 情報強者は事件を追う
    【CHAOS;HEAD】「その目!誰の目!」2009年9月7日、23時30分。その日、5人の学生が渋谷・コーネリアスタワーからいっせいに身を投げた。のちに「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれる連続猟奇事件の幕開けである。これは6年前に渋谷を震撼させ、今もその影響を負の遺産として残す、巨大な陰謀の記憶の一片である――。/【情報強者は事件を追う】「へえ、血が繋がってない姉弟……。なんかやらしいですね」2件連続して渋谷で発生した不気味な変死事件。その真相を追っていた宮代拓留は、6年前にも同様の事件が、やはり渋谷で起こされていたことに気付く。しかも犯行日は決まって6年前と同じ日。もしもその法則が正しければ、今日、3件目の事件が……起こる!!
  • 事件が彼らを嘯く
    第2話 事件が彼らを嘯く
    「このシールの作者は、結界を築くために人類の犠牲になったのだ!」事件現場付近に必ず貼られている「力士シール」。作者不明、作成時期不明、目的不明……。ただその存在を主張するかのように、渋谷の街でひそかに蔓延していた。力士シールの存在にいちはやく気づいて舞い上がっていた拓留だが、それは彼だけではなく、ある人物も同様で……。
  • 彼らのお祭りのお話の言い分
    第3話 彼らのお祭りのお話の言い分
    「私はもう失いたくないの。家族を……」事件に首を突っ込んだ代償として、拓留の親しい人物が暴漢に襲われてしまった。それは悔いても悔やみきれないこと。たいせつな人が自分を案じている……襲撃事件を通じてそのことを実感した拓留は、かつて逃げ出した青葉寮で“家族”の温かみを思い出し、とめどなく涙を溢れさせた。
  • お話の裏側が妄想を始める
    第4話 お話の裏側が妄想を始める
    「尾上か。こんなんなっちまって。なあ宮代、ちゃんと持って帰ろうぜ」AH東京総合病院。事件の手掛かりを求めて夜の院内に忍び込んだ拓留たちは、不気味な暗闇の中、しんと静まり返った廊下を慎重に進んでいく。めざすは精神病棟。だが夜の病院はただでさえ気味が悪いのに、人体を切り刻む解剖室や、寂れた地下施設に踏み込むことになって……。
  • 妄想の住人が騒ぎ迫る
    第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る
    「君はひどいことをさせられてたんだ」事件に深く関係していると思しき少女が保護された。彼女の名前は山添うき。長い間、とある地下施設に監禁されていたのである。しかし彼女は救出を喜ぶどころか、「私、ここにさらわれてきたんです」と助けてくれた人間を非難する。そして元の施設に戻りたいと神成刑事に懇願した。
  • 侵した過去に間に合うために
    第6話 侵した過去に間に合うために
    「宮代先輩、こんな場所でせりの“初めて”を奪おうとするなんて!」事件の被害者たちに共通すること……それは脳が肥大化した状態で亡くなっているという、通常では考えられない状態だった。一方、一連の事件の犯人と思しき少女に命を狙われた拓留と雛絵は、頻発する放火事件との関連に注目しつつ、再びおこなわれるだろう襲撃に神経をとがらせる。
  • 錯綜する光と影に惑う思いは
    第8話 錯綜する光と影に惑う思いは
    「そんなに焦ってたら、気がつくモノも、気がつかないでしょう!」その少女の生い立ちは不幸そのものだった。殻に閉じこもる性格のせいで友だちなどいない。性格を治すために母に入れられた施設では、大人たちに虐待される日々。嫌なこと、痛いこと……。痛いこと、痛いこと、痛いこと、痛いこと。そして歪む運命。それが南沢泉理という少女だった。
  • 錯綜する思惑の行き着くところ
    第9話 錯綜する思惑の行き着くところ
    「地震の時に、お前は何を望んだ?」11月3日深夜、碧朋学園屋上。神秘的な月明かりを浴びながら、来栖乃々は事件の核心に存在する人物と対峙していた。乃々の顔に滲むのは苦悩と疑問。その人物が自分の生命をねらっていることは承知している。しかし愛する人たちのため、一歩も退かず、強い眼差しをその相手に向けた。
  • 迫りくる過去の記憶
    第10話 迫りくる過去の記憶
    「お前の心が壊れるのを、見たくない」幼いころの拓留は孤独だった。共働きの両親とは会話をするどころか顔を合わせることもない。突き放され、放置され、まるで透明人間。そんな彼を支えてくれたのは、同じような境遇の幼馴染み、尾上世莉架だけだった。今回の事件は、思えばあの時からはじまっていたのかもしれない。
  • 彼の戦い
    第11話 彼の戦い
    「生き残れよ。何があっても……お前だけは、生き残れ――」2015年11月6日。その日、渋谷は大地震からの復興を祝う式典「第二回渋谷平和復興祭」でにぎわっていた。だが野次馬の目的はそれだけではない。連続猟奇事件の犯人として報道された拓留が、今日、公開自殺をすると予告してきたのである。それはまさに6年前の“祭り”の再現だった。
  • 彼女の思惑
    第12話 彼女の思惑
    「……もう終わってるんだよ、“ゲームメイカー”」黒幕との対決は、拓留にとって贖罪の儀式でもあった。事件を解決に導く爽快感などまるでない。後悔、罪の意識、憐れみ。だがそれらを飲み込み、ようやく決着の刻を迎える。そう、この悪夢のような猟奇ゲームはもうおしまいだ。……そして。拓留は、このくそったれなゲームをクリアーした。
スタッフ
3DCG: Tri-Slash
アニメーション制作: SILVER LINK.
キャラクターデザイン・総作画監督: 山吉一幸
キャラクター原案: ささきむつみ 松尾ゆきひろ
シナリオ監修: 松原達也 松本裕介 林直孝 梅原英司
プロップデザイン: 氏家嘉宏
原作: 志倉千代丸/MAGES.
撮影監督: 杉山大樹
畠山佑貴: 草薙
監督・シリーズ構成: 神保昌登
綱頭瑛子: 草薙
編集: 坪根健太郎(REAL-T)
美術監督: 畠山佑貴
美術設定: 綱頭瑛子
背景: 草薙
色彩設計: 平井麻実
製作: CHAOS;CHILD製作委員会
音楽制作: 5pb.
音響監督: 土屋雅紀
キャスト
久野里澪: 真田アサミ
伊藤真二: 藤原祐規
佐久間恒: 志村知幸
和久井修一: 加藤将之
宮代拓留: 松岡禎丞
尾上世莉架: 上坂すみれ
山添うき: 水瀬いのり
川原雅司: 阿部敦
有村雛絵: 三森すずこ
橘結人: 菊池こころ
橘結衣: 原由実
百瀬克子: くじら
神成岳志: 桐本琢也
香月華: 仲谷明香